0 0 4 5 6 8
活動記録/成績

 令和元年度 剣道部 大会記録

東部支部高校剣道大会男女個人戦

男子 江本 響 ベスト8 県大会出場

女子 土屋 愛衣 三回戦進出 県大会出場

男女団体 県大会出場 

埼玉駒沢杯剣道大会 男子団体三位

 

部員からのメッセージ
剣道技術の上達だけでなく、人間としての成長も目指して稽古しています。 県大会上位進出、関東大会出場が目標です。

 

 
日誌

剣道部

剣道部ミーティング

 非常事態宣言が解除され、春日部東高校は6月1日、2日に分散登校が実施されました。剣道部ではこの分散登校にともない、剣道部としての今後の予定、4月より着任した栗田幸枝先生の紹介を目的に30分程度のミーティングを行いました。今後の予定については、分散登校が実施されている間は剣道部として稽古は実施しないこと、6月22日以降に全員が登校することになって部活動の練習は徐々にではあるが開始されることを伝えました。3年生については、大会など目標とするものがすべて中止となってしまいましたが、期末試験1週間前まで現役の剣道部員として、まだ入部すらしていない1年生とわずかな期間でも一緒に活動し、何かを2年生と1年生に残してもらたいと伝えました。栗田幸枝先生(教士七段)は、越谷西高校から本年度本校に着任しました。栗田先生は、高校生の時に全日本女子剣道選手権に入賞(三位)するなど多くの輝かしい実績を持ち、指導者としても三郷北、久喜北陽、越谷西高校で教鞭をとり剣道部の顧問としても活躍してきたことを伝えました。最後にまだ先が見えない中、剣道部として今できることを全力でやっていくことを部員に伝えてミーティングを終了しました。

0

卒業!

 令和2年3月13日金曜日に、41期生の卒業式が行われました。コロナウィルスの感染予防のため、卒業式は卒業生と教職員のみの参加となりました。例年と違い担任による卒業生呼名、校長式辞、卒業生代表あいさつのみと内容も変更されましたが、特に卒業生代表のあいさつは、多くの卒業生の心を代弁するかのような素晴らしい挨拶でした。剣道部では5名の部員が卒業し顧問と話すことはありましたが、後輩たちと直接あって話すことができませんでした。いつ稽古が再開できるかまだわかりませんが、稽古が再開されるようになったら是非道場に足を運んでください。厳しい稽古を一緒に頑張ってきた先輩として後輩に今だからこそ語れることを伝えてあげてください。卒業おめでとう。

0

若山先生送別会

  平成30年10月より本校に産休代替教員として赴任していた若山凌佑先生が、この令和2年2月をもって任期満了となり春日部東高校を離れることとなりました。1年半ほどですが、先生には剣道の指導以外にも勉強面や生活面など部員に年齢的に近いこともあり、「兄貴」的な存在として大変お世話になりました。最後の稽古でも部員全員と地稽古を行い、さらに稽古後は熱い言葉を部員にかけていただきました。部員からは、手作りのチョコやメッセージを書いた色紙、そして袴が贈られ部長の三沢君が部を代表し感謝の気持ちを伝えました。若山凌佑先生、短い時間でしたがありがとうございました。

 

 

 

0

冬季休業中の活動

 令和元年12月26日から28日に本校合宿所において剣道部強化合宿を実施しました。100本切り返しや追い込み中心の厳しい稽古でしたが、2年生部員を中心に3日間の稽古をやり遂げ充実した合宿となりました。この合宿の初日には越谷総合技術高校、二日目には越谷市立大相模中学校の1,2年生が参加しました。とくに終日参加した大相模中学校の剣道部員は、人数も多くまた中学生とは思えない実力のある部員もいて、本校剣道部員も多くの刺激を受けたと思います。一緒に稽古した越谷総合技術高校、大相模中学校の皆さま本当にありがとうございました。また、夜の稽古には保護者稽古参観が行われ、保護者が見学する中厳しい稽古を実施しました。冬季休業中は、桜友杯剣道大会、越谷錬成会、埼玉駒沢杯剣道大会など参加し、特に埼玉駒沢杯では、駒沢大学の監督や大学生がいるなかで男子団体で三位という結果をだすことができました。

埼玉駒沢杯剣道大会

 稽古風景稽古風景2

追い込み風景

稽古風景4稽古風景5 

稽古風景5

稽古風景5

0

館山遠征

 剣道部では8月17日土曜日に千葉県館山市で開催された若潮旗争奪全国高校剣道大会に参加するため1泊2日で館山遠征を実施しました。前日の錬成会からレベルの高い練習試合が行われ、本大会でもインターハイに出場するような高校も多数参加し盛大に実施されました。東高剣道部は男子2回戦敗退、女子初戦敗退と残念な結果に終わりましたが、新チームとして初めての遠征合宿を行ったことで、部長の三澤(春日部東中出身)を中心とした剣道部がまとまってきたように思えました。夏休みもあとわずかですが、部員は秋の新人戦に向けて上位進出を目指し稽古に励んでいます。




0