0 6 5 1 3 3
ようこそ女子バスケットボール部へ

バスケットボールを通して

「学び成長する楽しさ」

を広げていく。

 

 

コート上にある問題はもちろん、

進路への問いや、社会の課題を自ら見つけ、

挑み続けるために、私達は学ぶ。

「学び」で、少しずつ未来は変えてゆける。

いつでも、どこでも、誰でも、

学ぶことができる部活動へ。

活動記録/成績
中学生の皆様へ

 本校の校訓は「文武両道」。高校生活において、勉学と部活動を高いレベルで両立させることができるのが春日部東高校の魅力です。「バスケットボールに本気で取り組み、進路実現に向けての勉強も全力で頑張る」そんな環境での高校生活を過ごしてみませんか?先輩後輩の垣根を越えた志の高い仲間たちと過ごす日々は、あなたのあなたらしさをより引き出してくれるはずです。是非本校の熱い空気を感じに体育館までお越し下さい。

 

 中学生の皆さんの練習見学・参加につきましては、随時受け付けております。お申し込み・ご連絡・ご質問等は下記のメールアドレスまでお願い致します。

 顧問 西村紘一良

nishimura.kouichirou.83@st.spec.ed.jp

*********************************************************

9/9追記

令和3年度「インターハイ予選」「新人関東大会予選」令和4年度「関東大会予選」「インターハイ予選」「ウインターカップ予選」において、県大会に駒を進めることができました。埼玉県の女子チームの登録数は160を越えます。ここまでたどり着いている過程を大切に、更なる躍進を遂げるべく日々の練習に励んでいきます。8月開催された1,2年生による「夏季東部支部選手権」は順位決定戦を勝ち上がり第5位、9/3の1,2,3年生による「ウインターカップ2次予選(県大会)」は初戦で敗れましたが、県ベスト16との成績となります。3X3においては全日本選手権において、決勝ラウンド(9/25)に駒を進めております。(県ベスト8)

 

「高校でもバスケットを頑張りたい」と思っている中学生のみなさん!私達と一緒に部活も勉強も本気で取り組める最高の高校生活を送ってみませんか?その環境がここにはあります。下記に部活動説明会のお知らせを掲示致しますので、是非一度体育館へお越しください。部員、スタッフの熱い想いのこもった姿を見て頂きたいと思います。

 

これら部活見学等のお問い合わせは下記の連絡先にメールを下さい。

nishimura.kouichirou.83@st.spec.ed.jp

本校女子バスケットボール部の活動を是非ともご覧頂けたらと思います。

活動についての質問等にもお答えします。中学生のみなさんの参加を部員一同お待ちしております。

顧問 西村紘一良 高野哲次

 

健康チェックシートはこちらよりダウンロード、印刷しご記入下さい。

【春日部東・部活動体験】<生徒用>健康チェックシート.pdf

【春日部東・部活動体験】<保護者用>健康チェックシート.pdf 

 

また、こちらもブログ同様に中学生の皆様への情報をアップしております。

フォローをお願いします。

日誌

女子バスケットボール部

《女子バスケットボール部》blog

練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

  今日は molten の方が来て下さりシューティングマシーンを使った練習をしました。私はシューティングマシーンを使うのは初めてで、ネットがあるので距離が近いほどシュートを決めるのが難しく、ボードに当てるミドルシュートの練習ではいつもよりかなり高いループでしっかり飛ばないと中々シュートが入らないので難しかったです。私はループが低く下に当たって外すことが多いので、今日の練習のようにしっかりミートをして飛んでから高いループでミドルシュートが打てるようにします。リバウンドがないので回転が早く沢山シュートを練習できましたが、疲労がたまってくると段々飛ぶ時の踏切が弱くシュートが曲がったりショートになったりしてしまい、試合中でも沢山走って集中力が落ちてくる場面は必ず来ると思うので練習からそのことを想定して疲れても体の軸を崩さずミートとジャンプをきっちりやり、安定したシュートを打てるようにします。1対1のディフェンスの時に、リバウンドはなかったですがシュート後のアウトをいつもの癖でやっていることがありしっかり体に染み付いていることが分かったので、これからもどんな場面でもアウトをすることを継続させていきます。

Reported by Hikari

0

《女子バスケットボール部》blog

練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

 

 本日は県外のチームにお越しいただき練習試合を行いました。オンボールスクリーンへの対応のディフェンスを意識して挑みました。まず、最初の出だしに相手がゾーンをやっていることに気づいてすぐにコーチングして立て直すことができたのが良かったと思います。夏季大会の前は気付いても早く対処できなかったり、情報の共有が遅くなっていたと思うので成長したなと思いました。反省点は、ディフェンスのときにセンターがガードについてしまって早く気づけなく、修正することができなかったことです。気づいてたはいたんですけど言うことはできなかったので、もっと気を遣って仲間のためにもコーチングするべきだなと思いました。今日の試合では、それぞれの良いところや悪いところがよくわかったなっと思いました。これから新人戦に向けて悪いところは直して、良いところはもっと活かせるよう練習していきます。

Reported by Nene

0

《女子バスケットボール部》ウインターカップ2次予選(県大会)

 目標としていました埼玉県ベスト8には届きませんでした。内容としては練習を積んできたオフェンスは最後の詰めが甘く、ディフェンスにおいては川口市立高校さんの勢いを中々抑えることができませんでした。3年生の5名はもちろんのこと、1,2年生にとっても悔しい結果ではありましたが、3年生の前キャプテンとマネージャー(ウインターカップ1次予選[東部支部大会]の最終戦に出場できなかった。)の2人にとっては、公式戦を戦って引退することができました。応援に来ていただいた保護者の皆さま、インスタライブで応援していただいた皆さま、様々な形で応援していただいた皆さま、ここまで温かく見守ってきて下さり心より感謝申し上げます。大会役員の皆さま、審判員の皆さま、チームスタッフの皆さまにおかれましても、大会を支えていただき本当にありがとうございます。このチームでこの舞台に立てたことは最高の思い出です。次は新人戦に向けて邁進していきたいと思います。

 

0