0 5 0 7 3 8
ようこそ女子バスケットボール部へ


HPをご覧頂きありがとうございます。
皆様に愛されるチームを目指して、日々練習に励んでいます。
最後の最後までボールを追いかける熱い姿から、歌って踊れる姿まで、桁外れに元気な24名(3年7名,2年8名,1年9名)で活動しております。
本校女子バスケットボール部に少しでも興味をお持ちの方、中学生のみなさんは下記のアドレスまでご連絡下さい。練習見学も随時お待ちしております。
顧問 西村紘一良 
nishimura.kouichirou.83@spec.ed.jp

また、毎日の活動の様子がブログに書かれていますので、ぜひご覧下さい。

活動記録/成績

平成29年度
高校総体 東部支部予選 代表決定戦進出

新人大会 東部支部予選 第9位 県大会出場

平成30年度
関東大会 東部支部予選 代表決定戦進出
高校総体 東部支部予選 代表決定戦進出
新人大会 東部支部予選 ベスト8 県大会出場
新人大会 埼玉県予選 ベスト32  (1回戦突破)

平成31(令和元)年度
関東大会 東部支部予選 代表決定戦勝利 県大会出場

関東大会 埼玉県予選 ベスト32
高校総体 東部支部予選 代表決定戦勝利 県大会出場
高校総体 埼玉県予選 ベスト32
ウインターカップ 東部支部予選 代表決定戦進出
夏季東部支部選手権 第7位

中学生の皆様へ

 

本校の校訓は「文武両道」。高校生活において、勉学と部活動を高いレベルで両立させることができるのが春日部東高校の魅力です。部活動に本気で取り組み、進路実現に向けての勉強も全力で頑張る。そんな環境での3年間の高校生活を過ごしてみませんか?本校女子バスケットボール部において、先輩後輩の垣根を越えた志の高い仲間たちと過ごす日々は、あなたのあなたらしさをより引き出してくれることと思います。是非本校の熱い空気を感じに体育館までお越し下さい。

中学生の皆さんには、随時練習の見学・参加を受け付けております。本校女子バスケットボール部に少しでも興味のある方は下記のメールアドレスまでご連絡下さい。部員一同お待ちしております。

 

顧問 西村紘一良

nishimura.kouichirou.83@spec.ed.jp

 

日誌

女子バスケットボール部

《女子バスケットボール部》blog

 本日の活動は小磯さん(*こいそ接骨院)によるトレーニングです。
 自粛期間中に練習していた足の指を中心に確認をして頂きました。足の指の感覚や足の指を使えるようにするためにたくさんの練習をしました。いくつか例を上げて説明します。
 1つ目は足裏の母指球、小指球、かかとの三ヶ所を床に着けたままにして、親指だけを上げたり又親指だけを床に着けたりします。これは三ヶ所をきちんとつけた状態で行います。2つ目は足の指の間に手の指を入れ、足の指に力を入れたり、手の指に力を入れながら足首を回します。これを終えたら足を優しくほぐします。3つ目は足の指の下まで骨は一本一本分かれているので、その骨と骨の間を割るようにしてほぐしていきます。表にも裏にも両側に割るようにします。
 これらを行うことで足を自分の力で広げることができ、バッシュの中でも足の指が縮こまっていることなく、体育館の床をしっかり掴むことが出来ます。
 また、バッシュの紐の結び方を習いました。キツく締めすぎてしまうと、足が不自由になり体の動きが少し緊張した状態になってしまいます。これは自分にあったきつすきず緩すぎない紐の結び方を見つける必要があります。
 これからの練習で自分に合った結び方を見つけ、窮屈を感じずプレーが出来るようにします。そして、今日教えていただいたトレーニングを毎日継続して行い、足の指を使ってきちんと止まれるようにし、足の指を一本一本動かすことを目指します。

Repoter : Momoka

0

《女子バスケットボール部》blog

 今日はコロナでの活動自粛後の初めての練習でした。
 それぞれ個人で自主練習はしてきましたが、全員で体育館を使ってのシュートやドリブルをする練習は約4ヶ月ぶりでした。そのこともあり自粛前と比べても小さなミスが沢山見られました。また体が思ったように動かせなかったり以前より息切れが早くなるなど体力の低下も感じられました。
 ヨガマットを使っての練習では膝を抜いて体勢を落としたり股間節をより柔らかく動かせるようなストレッチを行いました。この練習は小磯さん(*小磯接骨院長)に協力していただき自粛期間中も行っていて、身体の動かし方の勉強に大変なりました。小磯さん本当にありがとうございました。
 本日は涼しい気候だったので良かったですが、これからますます暑くなっていくので体調管理をしっかりと行いながら自粛前以上のパフォーマンスができるように頑張っていきます。

 

Reporter : Mizuki

0

《女子バスケットボール部》blog

5月になりました。

部活動停止期間も2ヶ月が経ちました。そして、さらにあと1ヶ月の休校。部活動停止。1年生は入部すら出来ません。

関東大会(支部予選も)、インターハイが中止(県予選までは未定)となりました。今の段階では開催できるかどうか分からないインターハイ支部予選も6月中は無しとなり、部員達にとって先の見えない毎日が続きます。

私達女子バスケットボール部は、各々の自主トレ報告を共有しながらここまで進んできています。家庭でもできる練習グッズを配布したり、練習再開となった時のための練習グッズを考案、購入したり、小磯さん(こいそ接骨院)にもトレーニング動画の制作にご協力いただいております。どんな状況であろうと「できることをやりきる」ことに変わりありません。(私自身も3年生の理系に向けての学習動画の制作に励んでいる毎日です。)先日、3年生全員と電話で面談を行いました。家族のこと、進路のこと、これからの部活のこと…色々と話すことができました。こんな状況でも時は刻一刻と進んでいきます。各々の複雑であり、真っ直ぐでもある考えを聞かせてもらえて(私の話も聞いてもらえて)コミュニケーションをとることの大切さに改めて気がつくことができました。

とにかく、「みんなに会いたい。みんなでバスケをしたい。」それがすべてのようです。私もです。

 

*うちの部員だけはなく、全国のバスケットボール選手達はそれを願って家の前で無いゴールにシュートを放ってます。全国の皆様、ドリブルで発生する多少大きめのダムダム音も、今だけは多めに見てあげてください。

 

0

《女子バスケットボール部》blog

本日、41期生の卒業式が行われました。

新型コロナウィルスの感染予防の為、卒業生と職員のみでの式となりました。

7名の卒業生たちは、公務員、大学、短大とそれぞれの道を歩むことになります。全員の進路が決定しました。(浪人していた昨年の卒業生も国立大学に合格しました!)この女子バスケットボール部でのそれぞれの経験を自分の形に変えて活かしてもらえたらと思います。

いつ練習が再開になるのか分かりませんが、また体育館に顔を見せに来てください。いつでもお待ちしております。

 

0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

 

 今日は小磯さん(こいそ接骨院)によるトレーニングでした。
 前回のトレーニングに続き、今回もボールや腕などの重さを使った体の使い方を指導して頂きました。例えば、普通に立っている状態の時、両腕をあげようとすると、私たちの体は自然に重心を変えて体のバランスを保とうとします。この時、前傾姿勢になっていたり左右に傾いていたりすると腕は上げにくくなります。そのため自分の癖を知り、ただ力任せにするのではなく、どのようにすればより楽に、強く、動けるのかを知ることが大切です。これから、自分の腕の重さやボールの重さを使って " 連れていかれる " という感覚をつかんで行けるようにします。
 また、" 取りが主体 " " 受けが主体 " といった2つの主体の考え方も指導して頂きました。ボールを持っている時、自分の力をどのようにボールに与えるかによってたとえ同じ力でもボールの飛距離が大きく変わります。ボールに対して、全ての力を与える、半分ずつ分かち合う、全て貰うという3つの動き方を覚えて感覚として、プレイ中に瞬時に使い分けることができるようにしたいです。
 私は今日のトレーニング中、感覚が分からなくなることが何度がありました。その時は1度1つ前のステップに戻ってやり直すことで再確認をすることが出来ます。これは普段の練習メニューでも同じことが言えます。今日教えていただいたことを意識して明日の練習に生かしていきます。

Reporter : Harune

 

0