日誌

男子ソフトテニス部

R6 男子ソフトテニス部 新入生への部活動説明会

  4月10日(水)、新入生への部活動説明会がありました。舞台で1分程度、部の説明をした後、ブースを作り詳しく説明という流れで紹介しました。部長をはじめ、各部員が緊張しながら1年生に部活動生活について語ってくれました。先輩の背中を追って一生懸命ソフトテニス部をやりたい人、お待ちしております。

 

0

R6 男子ソフトテニス部 県南選手権大会の報告

4月4日(木)、大宮第2公園、大宮天沼公園にて県南選手権大会が行われました。東部と南部の選手が集まり、トーナメントを行うという形式の大会でした。久々の公式大会でもあり、この大会で勝ち進むとポイントがもらえることもあり、かなり気合いを入れて臨みました。

春日部東高校からは11ペアが参加しました。結果、ベスト64に黒澤・猪瀬、島村・馬場ペア、ベスト32に野中・伊原ペアが入ることができました。ポイントをもらえなかったペアもノーシードの選手にファイナル負けする選手もいれば、シードの選手にファイナルまで競ることができた選手もおり、久々の大会でどの選手も力が入っていることが伺えました。約10日後の関東予選に向けて精度を上げるべく練習していきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

0

R6 男子ソフトテニス部 OB戦の報告

  3月21日(木)にくまがやドームにてOB戦を行いました。先日卒業したばかりの卒業生が全員集まって、在校生と試合をしました。受験の影響で体力は落ちに落ち、ルーズボールも拾うのがやっとの場面が多かったですが、技術の衰えはそこまでありませんでした。3年間の練習の賜物です。これからも定期的に遊びにきて後輩の指導をしてくださいね。

 

 

0

R6 男子ソフトテニス部 東部地区練習会(茨城県西地区、東部地区内での試合)の報告

  3月20日(水)、古河市営コート、古河中央運動公園にて東部地区練習会の一環である、茨城県西地区との練習試合に参加させていただきました。また、久喜総合運動公園、久喜工業高校にて残ったメンバーは東部地区内の選手と練習試合をさせていただきました。

冬場の練習を生かし、攻撃をしっかりしつつもミスのないプレーを心掛けて春の大会を意識してプレーすることができ、各々の課題も見つかった練習会でした。

練習会を企画してくださった東部地区の先生方、試合をしてくださった茨城県の選手のみなさん、東部地区の選手のみなさんありがとうございました。

 

 

 

 

 

0

R6 男子ソフトテニス部 埼玉カップの結果報告

   3月16日(土)くまがやドーム、17日(日)狭山智光山公園にて埼玉カップが行われました。例年埼玉県新人戦団体戦でベスト8以上にならないと参加できない大会でしたが、今年はベスト16のAチームのみ参加できるということで2日間、参加させていただきました。

    1日目は3校でリーグ戦を行い1位同士、2位同士・・でトーナメントを行いました。2日目は時間で区切って団体戦を4対戦、時間が余ったら練習マッチということで試合を行いました。宮城県や静岡県等の超強豪校が集まって大会が行われ、全国レベルの技術に選手も勉強をさせていただきました。

 1日目、リーグ戦で笛吹高校B、川越高校と対戦し、トーナメントで昌平高校Bと対戦しました。団体戦としてはすべて敗退し、3位トーナメントの最下位という結果になりました。2日目、知徳高校B、山村国際高校、埼玉県選抜チームB、上尾高校Bと試合を行い、2勝2敗でした。

 怪我等でメンバーが揃わず、正ペアでの参加ができたペアがほとんどいないというチーム事情もありましたが、それ以上に攻撃力や守備力が対戦していただいた学校は本校よりも勝っており、今後の課題が浮き彫りになりました。こてんぱんに負ける場面もありつつ、競る場面もありましたが、あと1ポイントが取れずゲームが取れずという場面がしばしばあり、勝利にはつながりませんでした。強豪校と渡り合うにはまだまだ本当に力不足を実感しましたが、冬練習した成果も見え次の大会へのモチベーションにもつながったとてもありがたい大会でした。このような機会を下さった県高体連の先生方、対戦してくださった選手の皆様、本当にありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

0

R6 男子ソフトテニス部 入学許可候補者のみなさんへ

 入学許可候補者のみなさん、合格おめでとうございます。勉強に部活に充実した生活を送れるよう体調を整えてお過ごしください。

 男子ソフトテニス部に入部予定の許可候補者の方は3/19の入学許可候補者説明会の後にテニスコート(雨天の際は1Fの3-2)にお立ち寄りください。春休みの練習日程等のご説明をさせていただきます。

 取り急ぎ、4/15に関東大会の地区予選(個人戦)があります。この大会は1年生も出場できる大会となっています。出場希望があるかどうかをお立ち寄りいただいたときに聞かせていただきます。よろしくお願いいたします。

0

R6 男子ソフトテニス部 3年生が卒業しました。

  3月13日(水)、45期生11名の部員が在校生やコーチに見送られ、晴れ晴れとした表情で卒業しました。3年前、コロナ禍での部活になり、何度となく活動休止を余儀なくされながらも粘り強く練習を積み重ねました。結果中学校の時県大会に行った生徒はだれもいませんでしたが、個人地区ベスト4、団体県ベスト16まで上り詰めた代でもありました。大学入試でも奮闘し、成蹊大や岩手大など思い思いの進路に進むことになりました。卒業おめでとうございます。これからも遊びに、また後輩の指導をしに来てくださいね。

 

0

R6 男子ソフトテニス部 東部地区練習会の報告

  2月12日(月)、久喜総合運動公園にて東部地区練習会が行われました。今回はヨネックスの米澤選手と実業団の日本信号の安積選手、齋藤選手、渡辺選手、谷岡選手、石山部長がストロークやサーブなどの講習してくださり、午後には模擬試合や1ゲームの試合を生徒としてくださいました。トップ選手の技術や教えを目の前で見ることができてかなり勉強になり、盛り上がりました。選手の皆さん、企画してくださった東部地区の先生方ありがとうございました。

 

 

 

 

0

R6 男子ソフトテニス部 冬季東部リーグの報告

 1月28日(日)、白岡高校にて東部1部リーグを行いました。例年春に行われていましたこの大会ですが今年から冬に時期が変わり冬の練習の成果を試すべく、また寒さに対する準備も含めて取り組みました。参加校は昌平、白岡、鷲宮、草加南そして春日部東高校の5校で、団体戦、リーグ戦形式で行われました。

結果は全勝で白岡高校が優勝、昌平、鷲宮、春日部東高校が2勝2敗で並び、得失ゲーム数を比べた結果、春日部東高校が2位、昌平高校が3位、鷲宮高校が4位、5位が全敗で草加南高校となりました。

本校の結果は初戦草加南高校に2-1で勝利、次に白岡高校に1-2で敗退、次に昌平高校に1-2で敗退、最後に鷲宮高校に2―1で勝利という内容でした。敗退した2戦も夏に比べ競ることができましたが、攻撃のテンポが速く対応しきれずのミスがかさみデュースを取り切ることができず敗退しました。春に向けて自分たちの攻撃はもちろん、相手の攻撃への対応ももっと強化しないといけないことが浮き彫りになった大会となりました。

運営してくださった1部リーグの先生方、対戦してくださった学校のみなさんありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

0

R6 男子ソフトテニス部 1月部活動体験・見学会について

 下記の日程で、学校説明会の全体会終了後、中学生を対象とした部活動見学会を実施する予定です。学校で企画されている体験・見学会はこれで最後になります。本校のソフトテニス部に興味のある方は是非お越しください。

   大会前日ですので、基本は見学でお願いしたいのですが、どうしても練習に参加されたい方は対応させていただきます。学校説明会参加者で、体験の参加をご希望の方は、お手数ですが下記のアドレスに中学校名、中学の時の部活動名(ソフトテニスならポジション等)をメールをしてください。(学校説明会参加者で見学希望の方は飛び込みでも構いませんが、資料準備の関係でご連絡がありますと大変助かります)

 また学校説明会に参加されない方の見学の場合、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご連絡ください。

 【日 時】1月27日(土) 学校説明会全体会終了後、受付開始(入場・退出はご都合のよい時間で大丈夫です)

          ※学校説明会に参加されない方は9:00~12:00の間のご都合のよい時間に見学にお越しください。
【場 所】本校テニスコート
     ※雨天やコート状況が悪い場合は中止といたします。

【内 容】普段の練習の体験・見学
【持ち物】シューズ、防寒具(体験される方はラケットもご用意ください)

 お申込み、ご質問は  yamada.saori.87@spec.ed.jp までよろしくお願いいたします。

 

※この日以外でも、ご連絡をいただければ個別に対応させていただきます。ご希望がありましたらご連絡ください。

 この日以外は見学となります。ご了承ください。
 

0

R6 男子ソフトテニス部 初打ち、第8回岡安杯争奪シングルス大会の報告

  あけましておめでとうございます。昨年度は本校男子ソフトテニス部に関わってくださった皆様、大変お世話になりました。今年もよろしくお願いいたします。部長、副部長より新年の決起集会をし1月4日(木)より初打ちを行いました。

 

    そして1月8日(月)、本校にて第8回岡安杯争奪シングルス大会を部内で行いました。シングルスの公式大会はソフトテニスでは県大会でベスト16以上にならないと行えませんが、シングルスという競技がストローク、足腰の強化や、戦略を考える良い練習になるのでこの時期に春日部東高校では毎年行っています。コーチの岡安先生から商品も出るということでみんなとても楽しみにして奮闘していました。

 1位が2年生の伊原(野田岩名中)、2位が2年生の野中(羽生南中)、3位が2年生の黒澤(鷲宮東中)、1年生の島村(さいたま市春野中)となりました。去年も2トップは1番手ペアの菅(松伏第2中)、山路(幸手中)の2人でしたが、今年も1番手前衛、後衛が意地を見せ王座を守りました。ストローク力が試されるということで後衛が有利に進んでいきました。ラリーが続かない選手はネットが多く、打ち方の改善が必要であることが身に沁みた大会となりました。各々反省点を胸に来年もがんばってください。

 

 

 

 

0

R5 男子ソフトテニス部 茨城県県西地区研修大会の報告

 12月24日(日)、茨城県県西地区研修大会に参加させていただきました。団体戦形式で、埼玉県を始め、栃木県や茨城県の他地区の学校も参加している大きな大会で古河市中央運動公園、古河市営コート等複数の会場に別れて行われました。本校からは4チーム参加させていただきました。午前中は日差しが届かず気温が低い中での大会となりましたが、各々で工夫し冬の公式大会に向けユニフォームで頑張って試合に取り組んでいました。またインドア大会が終わって以来の大会であり、今後の課題やモチベーションにもつながりました。対戦してくださった選手のみなさん、運営してくださった茨城県県西地地区の学校の先生方ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

R5 男子ソフトテニス部 県インドア大会の結果報告

  12月18日(月)、所沢市民体育館にて県インドア大会が行われました。3年前に出場して以来でしたが今年は参加する権利を得て1つでも多く勝ち残れるように準備してきました。初戦の相手が新人戦県優勝の松山高校ということで、なんとか一矢報いるよう選手も顧問も策を労し、いろいろな体育館にお邪魔をして練習しました。

 

   

 

 

1本目は島村・馬場ペアが相手校の1番手と対戦しました。確率のよいファーストサーブからのボールを回していく展開に島村が食らいつき、3ゲーム目で1ゲーム取ることができましたが、その後こちらのレシーブミス等がかさみ、1-4で敗退しました。

2本目は野中・伊原ペアが相手校の2番手と対戦しました。相手の切れるカットサーブも練習通りしっかり打ち返し、こちらもカットサーブからのボレーでポイントはいくつかとれましたが、ラリーが思うように続かず0-4で敗退しました。

3本目は黒澤・猪瀬ペアが相手校の3番手と対戦しました。攻撃を仕掛けて何点か取れる場面はありましたが、相手のカットサーブをうまく返せなかったり、こちらからのストロークやボレーのミスが多かったりして0-4で敗退しました。

 結果、0-3で初戦敗退でした。強豪相手と試合をさせていただいて、勉強になった場面がたくさんありましたが、力を出し切れていない部分が多く、本番に向かってコンディションを持ってくることの難しさを感じました。来春に向けて再出発し、精進してまいります。

 

 

 

 

 

0

【男子ソフトテニス部】12月部活動体験のお知らせ

 下記の日程で、学校説明会の全体会終了後、中学生を対象とした部活動体験・見学会を実施する予定です。本校のソフトテニス部に興味のある方は是非お越しください。1月にあと1回体験がありますが、コート状況がよくないとなくなることもあります。この機会に奮ってご参加ください。

  学校説明会参加者で、体験の参加をご希望の方は、お手数ですが下記のアドレスに中学校名、中学の時の部活動名(ソフトテニスならポジション等)をメールをしてください。(学校説明会参加者で見学希望の方は飛び込みでも構いませんが、資料準備の関係でご連絡がありますと大変助かります)

 また学校説明会に参加されない方の見学の場合、お手数ですが、以下のメールアドレスまでご連絡ください。

 

【日 時】12月23日(土) 学校説明会全体会終了後、受付開始(入場・退出はご都合のよい時間で大丈夫です)

          ※学校説明会に参加されない方は9:00~12:00の間のご都合のよい時間に見学にお越しください。
【場 所】本校テニスコート
     ※雨天やコート状況が悪い場合は中止といたします。

【内 容】普段の練習の体験・見学
【持ち物】シューズ、防寒具(体験される方はラケット、ゼッケンもご用意ください)

 ご質問は  yamada.saori.87@spec.ed.jp までよろしくお願いいたします。

 

※この日以外でも、ご連絡をいただければ個別に対応させていただきます。ご希望がありましたらご連絡ください。

 この日以外は見学となります。ご了承ください。
 

0

【男子ソフトテニス部】新人大会県大会(団体)の結果報告

 11月14日(火)、熊谷さくら運動公園にて新人戦県大会団体戦が行われました。1回勝つとベスト16ということで12月に行われる県インドア大会の参加権利を得ることができるということでまずはそこを目指して臨みました。

 初戦が浦和実業高校との対戦でした。結果3-0で勝利することができました。2回戦では城西川越高校との対戦でした。個人戦ベスト32に入っているペアが3ペアいて向かっていきましたが、0-2で敗退しました。3番手勝負が0-4で敗退、1番手勝負が2-2まで持ち込み、粘りましたが、2-4で負けてしまい3番勝負が打ち切りという形で終了しました。

 結果ベスト16に入ることができました。当初の目標は果たしましたが、ベスト8決めの試合は悔しい場面もあり、もう少し試合をしたかったという思いも残りました。ここ最近ベスト16の壁が中々越えられず、まだ精進していかないといけないことを痛感しました。しかしながら春日部東高校がインドア大会に参加できるのは3年ぶりということで、一つチームとしての進化は見せられた結果となりました。本校に関わってくださった方々、本当にありがとうございました。12月のインドア大会は少しでも良い結果を出せるよう精進していきます。

 

 

 

 

 

 

 

0

【男子ソフトテニス部】新人大会県大会(個人戦)の結果報告

 11月11日(土)、狭山智光山公園にて新人戦県大会個人戦が行われました。春日部東高校からは黒澤・猪瀬、野中・伊原ペアが出場しました。1つでも多く勝てるよう奮闘しました。

 黒澤・伊原ペアは1回戦で所沢高校の選手と対戦し4-1で勝利、次に松山高校の選手と対戦し、1-4で敗退しました。敗者復活戦でギリギリで勝ち上がったこのペアは2回戦で第1シードに当たるドローであり、向かっていきました。相手の豪打に食らいつきながら、レシーブエースを決めたり、ボレーを決めたりできた場面もあり、1ゲーム取れましたが、相手選手のそつのないプレーで敗退しました。

 野中・伊原ペアは初戦で城西川越高校の選手に2-4で敗退しました。風の吹きすさぶ中で、病み上がりの野中の球が安定せずうまくつなぐことができず途中2-2まで粘りましたが、最後はこちらのミスで敗退しました。

 悔しい敗退もありましたが、3日後には団体戦もあります。切り替えて練習をしたいと思います。

 

 

 

 

 

0

【男子ソフトテニス部】近県高校ソフトテニス選手権大会の結果報告

  11月5日(日)、栃木市総合運動公園にて近県大会が行われました。関東圏内の強豪校がたくさん参加するので新人戦県大会に向けての力試しとしての大会であり、毎年参加させていただいています。今年から例年通りの4ペアが出場できることになり、本校からも4ペア出場させていただきました。

 豊浦・伊原ペアは群馬県の高崎商業高校の選手と戦い。0-4で敗退しました。相手は群馬県大会ベスト4と16の選手で序盤ミスも多少してもらえ、ストレートを抜くことができましたが、こちらのミスがかさみ粘れず敗退しました。

 島村・馬場ペアは栃木県の那須清峰高校の選手に4-3で勝利、2回戦で埼玉県の上尾高校の選手に0-4で敗退しました。埼玉県南部地区優勝選手であり、できる限りを尽くしましたが、いろいろな場面で相手が上回り敗退しました。

 落合・斉藤ペアは栃木県の黒磯南高校の選手に4-0で勝利、2回戦で栃木県の宇都宮工業高校の選手に0-4で敗退しました。先日練習試合をさせていただいた時は1ゲームは取れたのですが、本番になると相手後衛選手の思い切りのよいストロークやボレーに防戦一方になり、ラストゲームでデュースまで粘るも敗退しました。

 黒澤・猪瀬ペアは栃木県の真岡工業高校の選手に4-2で勝利、2回戦で栃木県のさくら静修高校の選手に4-1で勝利、3回戦で群馬県の高崎商業高校の選手に0-4で敗退しました。最後に当たった高崎商業高校の選手は群馬県大会優勝選手だったということで、かなりの強敵で少しでも甘い球を打つと100%逆襲され、またこちらが決めたと思ったボールをすべてフォローされるという試合展開であり、1点を取る事がこんなに厳しいということを体験できた試合でした。

  県大会前の力試しという目的での参加でしたが、各県の上位選手と試合ができ、いつもの力が出すことができた場面もあり、県大会に向けて課題が見えた試合もあり、とても有意義な1日となりました。運営してくださった方々、対戦してくださった学校の皆様ありがとうございました。

  

 

 

 

 

0

【 男子ソフトテニス部】 秋の東部地区練習会の参加報告

  11月3日(金)に久喜総合運動公園にて東部地区練習会の一環として県大会出場選手が文星芸大附属高校、健大高崎高校、宇都宮南高校と練習試合をさせていただきました。栃木県トップクラスの学校で、攻撃の展開やこちらの攻撃のしのぎ方等とても勉強になりました。県大会まで約1週間、もう少しこちらの精度を上げないと県大会で通用しないことが痛感できました。この練習会を企画してくださった東部地区の役員の先生、遠いところから来て下さった文星芸大附属高校、健大高崎高校、宇都宮南高校のみなさん、ありがとうございました。

 

 

 

 

0

【男子ソフトテニス部】新人大会東部地区予選(団体)結果報告

  9月27日(水)大宮第2公園にて新人戦東部地区大会団体戦が行われました。埼玉県選手権大会、夏季東部支部大会の結果に今回の大会の結果を反映させてトーナメントが組まれました。本校は第5シードに入りました。去年、一昨年と初戦で競り負け、団体の県大会出場を逃しているので今年こそはと意気込んで臨みました。

  初戦は庄和高校との対戦で3-0で勝利し、ベスト8になりました。次は第4シードの鷲宮高校との対戦でした。県大会へ行ける学校数が東部地区からは7校であり、ここで勝つと県大会出場が確定するのでかなり気合をいれて臨みました。結果2-1で勝利し、ベスト4になりました。準決勝は第1シードの昌平高校との対戦でした。昌平高校は地区予選免除のペアを複数有する強豪校ですが、ベスト4になった勢いで向かっていきました。第1対戦の野中(羽生南中)・伊原(野田岩名中)が枠外ペアにファイナルまでもつれ込み、ギリギリで勝利することができました。第2対戦の島村(春野中)・馬場(羽生南中)ペアは果敢に打ち込んだり、ボレーをしたりしましたが、1-4で敗退しました。第3対戦の黒澤(鷲宮東中)・猪瀬(草加中)ペアは団体カウント1-1で回りプレッシャーの中でファイナルまで持ち込みましたが、最後は相手の方が1枚上手で敗退してしまいました。結果1-2で敗退し、3位決定戦に進みました。3位決定戦は春日部高校との対戦でした。お互い疲労の中での勝負でしたが、2-1でどうにか勝利し、3位入賞となりました。

  どの試合も危ない場面はたくさんあり、その度にプレイヤーは粘り強くつなぎ、時には打ち込み、精神的にも成長できた大会となりました。また応援の選手は今回は拍手のみしかできませんでしたが、真剣に応援していました。しかしながらまだ課題がたくさんあります。県大会までに、体力強化やプレーの精度をもっと上げて行かないと県で勝つことができません。もっと精進していきます。とはいえ、3年ぶりの入賞、これは埼玉県の学校の方々始め、春日部東高校と練習試合や練習をしてくださった選手の皆様のおかげです。本当にありがとうございました。11月の県大会でも活躍できるように頑張ります。

 

  

    

  

  

 

 

 

0

【男子ソフトテニス部】新人大会東部地区予選(個人)結果報告

 9月26日(火)大宮第2公園にて新人戦東部地区大会個人戦が行われました。前回の夏季東部リーグの表彰後、開始されました。

  122ペア参加の中で今回の県大会出場ペア数は26ペアでした。本校から一ペアでも多く出場できるように、夏休みたくさん練習した成果を出せるように、全ペア奮闘しました。

  結果3位に野中(羽生南中)・伊原(野田岩名中)ペア、ベスト26に黒澤(鷲宮東中)・猪瀬(草加中)ペアが入ることができて県大会に出場することができました。また、ベスト32に落合(幸手中)・斉藤(蓮田中)ペアが、ベスト64に細井(春日部飯沼中)・吉井(上尾太平中)、豊浦(草加中)・益子(大袋中)、島村(さいたま市春野中)・馬場(羽生南中)ペアが入ることができポイントを頂けました。

 野中・伊原ペアはベスト16までは危なげなく勝ち進みましたが、16決めで伊原の足がつり、この後はつった足のケアをしながらの戦いになりました。途中の対戦選手も同様な状態であったようで、お互い策を講じながら戦いました。ペアの野中がしっかりつないでフォローし、ベスト4まで勝ち進めましたが、まだまだ体力トレーニングが足りないと反省しました。

 黒澤・猪瀬ペアはベスト16決めで、東部支部大会で敗退した相手と当たり、リベンジマッチとなりましたが、一歩及ばず敗者復活戦へ進みました。1試合目で第2シードが対戦相手で防戦一方となり1-4で敗退しました。この時点で2連勝しないと県大会へは進めなくなりましたが、2試合とも気迫がこもったプレーを継続し何とか勝つことができました。

 ベスト32まで進めた落合・斉藤も同様に敗者復活戦に進みました。体力面やメンタル面の消耗が激しい中、2人のプレーの精度が落ちる場面が多くなり、1回戦は2-4で敗退、2回戦は4-3で勝利、3回戦は2-4で敗退し、県大会を逃してしまいました。しかしながら2人は去年この大会では1回戦敗退でありましたので、一つ成長が見えた試合となりました。

 この他にも県大会へ出場した選手に3-1リードで戦っていた選手もいれば、ミスがかさみ自滅で敗退した選手もいました。全体的にまだ技術も精神面も体力面も足りず、今後の課題が見えた大会になりました。来年の春まで長い期間となりますが、辛抱強く頑張っていきたいと思います。

 明日には団体戦を控えています。団体でも県大会へ行けるよう、勝ち上がれるよう頑張っていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0