日誌

ソフトボール部

関東予選 結果報告

5月10日(金)に熊谷市の荒川緑地公園で行われた関東大会埼玉県予選会に参加してきました。

 

1回戦 

 春日部東 0 対 6 星野

 

初回から毎回のようにピンチを招くも、粘り強く最少失点で守り抜きました。攻撃では何度もチャンスは作りましたが、あと1本が出ませんでした。しかし、優勝したチームを相手に自分たちのやってきたことが十分通用した部分も多くあり、収穫の多い試合となりました。3年生にとっては最後の大会となる、6月のインターハイ予選に向けてさらに頑張っていきたいと思います。

今大会も多くの保護者の皆様にご声援、ご支援を頂きました。ありがとうございました。

 

0

東部地区予選 結果報告

4月20日(土)に関東大会県予選の東部地区予選が行われました。

春日部東 16 対 2 合同②(越谷南・越谷西)

     (3回コールド)

春日部東 18 対 0 草加南

     (3回コールド)

 

以上の結果で、5月10日(金)から熊谷で行われる関東大会埼玉県予選会に出場が決定しました。

県大会での上位進出を目指し、今後も頑張っていきたいと思います。

暑い中応援して下さった保護者の皆様、ありがとうございました。

 

 

0

新人戦 結果報告

11月4日、7日に行われた令和5年度新人大会に参加してきました。

 

1回戦

春日部東 16 対 1 南部合同(上尾鷹の台・岩槻商業・浦和西・大宮商業)

    (3回コールド)

2回戦

春日部東 4 対 6 秋草学園

 

初戦でコールド勝ちを収め、2回戦でシード校の秋草学園高校と対戦しました。

初回に連打で2点を先制し、良い形で試合に入りましたが、1回の裏に同点に追いつかれ、

2回以降なかなかチャンスが作れない所をじわじわと差を広げられてしまいました。

4点差で迎えた最終回の攻撃では見事な粘りで2点を返しましたが、一歩及びませんでした。

 

夏の地区予選で敗れてシードを逃し、その悔しさをバネにこの新人戦まで取り組んできました。

この大会ではベストを尽くすことはできましたが、上位に進出するにはまだまだ力が足りないことを痛感させられました。

選手たちには春までにしっかりと課題と向き合い、次の大会でこの悔しさを晴らしてもらいたいと思います。

 

今回も多くの保護者の方々にご支援、ご声援を頂きました。本当にありがとうございました。

 

0

新人戦東部地区予選 結果報告

8月20日と23日に新人戦の東部地区予選が行われました。この大会で1位になったチームが、県大会のシードを取ることができます。新チームになって約2ヶ月間の練習の成果を発揮し、シードを取るべく大会に臨みました。

 

8月20日(日)予選Bブロック

春日部東 10 対 3 春日部共栄

    (5回コールド)

春日部東  8 対 1 草加南

    (5回コールド)

 

8月23日(水)決勝リーグ

春日部東 1 対 11 叡明

    (4回コールド)

春日部東 9 対 8 鷲宮

  (延長8回タイブレーク)

 

以上の結果となり、シード権を獲得することはできませんでした。11月の県大会に向けて、課題は多くありますが、1つずつクリアしていくしかありません。部員たちの奮起に期待したいと思います。

今大会も多くの保護者の方々から声援を頂きました。応援ありがとうございました。

 

0

令和5年度 ソフトボール部活動体験会のお知らせ

今年度も、夏季休業中に中学3年生を対象にした部活動体験会を以下の日程で実施します。

第1回 7月29日(土)9時~11時

第2回 8月 7日(月)9時~11時

第3回 8月10日(木)9時~11時

第4回 8月14日(月)9時~11時

(※この日以外でも、ご連絡をいただければ個別に対応させて頂きます。)

 

参加を希望される方やご質問は、

春日部東高校ソフトボール部顧問の戸井永(toinaga.ryou.f0@spec.ed.jp)までご連絡ください。

なお、体験会に参加される場合は、以下の「部活動体験参加同意書」にご記入の上、当日お持ちください。

【春日部東】部活動体験参加同意書.pdf

 

0

【ソフトボール部】インターハイ予選 結果報告

6月10日に始まった、令和5年度学校総合体育大会兼全国高等学校総合体育大会埼玉県予選会に参加してきました。本校は1回戦で松山女子高校と対戦しました。松山女子高校は日頃練習試合でお世話になっているチームでもあり、公立高校同士で互いに上位進出を目指して切磋琢磨するライバルでもあります。抽選会の結果、初戦で対戦することが決まったときには、「初戦では当たりたくなかった」というのが本音でしたが、上位に進出するためには避けては通れない道です。この初戦に全てを賭ける覚悟で試合に臨みました。

 

     1 2 3 4 5 6 7 8 計

松山女子 4 0 0 0 0 0 0 3 7

春日部東 1 0 1 1 0 0 1 1 5

 

初回、先頭打者を三振に打ち取り、幸先良いスタートを切ったものの、初戦の緊張感からか守備にミスが出てしまい、4点を先制される苦しい展開となります。しかし1回の裏、相手投手の制球が定まらない所を攻め立て、押し出しの四球で1点を返します。すると2回以降は試合の流れを掴み、守備では要所で好プレーが生まれ、相手に追加点を許しません。3回裏には2年生の4番、橋田のセンターへのタイムリーツーベースで1点を返すと、続く4回裏には2番、キャプテンの渡邉がセンターへタイムリーヒットを放ち、1点差に詰め寄ります。1点を追う最終回、先頭打者がヒットで出塁したもののチャンスを広げることができず、2アウト1塁と追い込まれます。しかし、そこから粘り強くつなぎ、5番、3年生の東野がセンター前ヒットを放ち、2塁走者が生還。土壇場で同点に追いつきます。なおもチャンスが続き、一気に逆転サヨナラ勝ちと行きたいところでしたが、後続が抑えられ、タイブレーク方式の延長戦に突入します。8回表、ランナーを返さず2アウトまでこぎつけたものの、そこから相手に連打を浴びてしまい、3点を奪われます。3点を追う8回裏の攻撃でしたが、打者3人が凡退し、1点止まり。5-7で惜しくも敗れました。

 

この大会をもって3年生3名が引退となりました。輝かしい実績を残した先輩達の背中を追い、高い理想を掲げてソフトボールに取り組んできたこの2年余りでしたが、なかなか思うような結果が得られず、苦しいことばかりだったかと思います。最後に全てを賭けて臨んだインターハイ予選も、たった1日、たった2時間余りというあまりに短い時間で幕を閉じました。しかし、この試合での3年生の最後まで諦めない全力プレーは下級生を鼓舞し、チームの力を最大限引き出しました。結果的には1回戦で敗れましたが、このチームのベストゲームであり、中身の濃い充実した試合だったと思います。そしてこの試合で3年生が見せてくれたプレーと姿勢は、決して歴代の先輩達に引けを取るものではありませんでした。この試合で得られた多くのことを、3年生3名にはこれからの進路実現に、1・2年生にはこれからの部活動に、それぞれ大いに活かしてもらいたいと思います。

 

最後になりますが、今大会も保護者の皆様やOGを始め、多くの方々に声援を送って頂きました。特に試合中盤から終盤にかけての追い上げは、皆さまの声援の後押しなしでは成しえなかったと思います。本当にありがとうございました。

 

 

大野(3年生) ライトの守備では頭上を襲う大飛球を好捕

3回裏、センターオーバーの適時2塁打を放った4番橋田(2年生)

4回裏、センター前へ適時打を放ったキャプテン渡邉(3年生)

ピンチを迎えても、全員で粘り強く守り抜く

7回裏、1点を追う最終回の攻撃前 監督の言葉でチームを1つに

7回裏、2死1・2塁 一打同点の場面で5番東野(3年生)が打席へ

見事期待に応え、センター前へ同点タイムリー!(肝心のシーンを撮り逃しました・・・)

0

【ソフトボール部】関東予選 結果報告

5月12日~14日に熊谷市荒川緑地ソフトボール場にて、令和5年度関東高等学校ソフトボール大会埼玉県予選会が行われました。

 

1回戦 

春日部東 14対1 川越南

    (5回コールド)

2回戦

春日部東 0対10 埼玉栄

    (3回コールド)

 

2回戦の相手は昨秋の新人戦でも敗れている埼玉栄高校でした。1回の表、ランナー1・3塁のチャンスを作りましたが、あと1本が出ず先制点を逃すと、1回の裏から相手打線の猛攻を浴び、あっという間に点差を広げられてしまいました。冬を越えて成長してきた部分も多くありますが、上位進出に向けてはまだまだ課題が残る結果となりました。3年生の集大成となるインターハイ予選までは1ヶ月を切っています。悔いの残らないよう、最後まで戦い抜いてほしいと思います。

今大会も保護者の方々を始め、多くの方々から声援を頂きました。ありがとうございました。

0

関東公立高校大会 結果報告

3月27日~29日に東京都江戸川区で行われた、第28回関東公立高等学校女子ソフトボール大会に出場してきました。この大会は、新人戦の結果等を基に各都県から推薦された16チームが参加する大会で、本校は初出場になります。

 

3月27日(月) 予選リーグ

春日部東 4対4 千葉商業

春日部東 2対12 国分寺・飛鳥・第一商業(東京)

 

3月28日(火) 予選リーグ

春日部東 13対0 甲府城西(山梨)

 

予選リーグでは1勝1敗1分で2チームが2位で並びましたが、抽選の結果、残念ながら3位となり、最終日のトーナメントに臨みました。

 

3月29日(水) 3位トーナメント

春日部東 0対3 柏井(千葉)

春日部東 5対0 川越初雁(埼玉)

 

以上の結果となりました。春以降の県大会で上位進出を目指すには、課題の多く見られた大会でした。この結果を受け止めて、春以降の大会に臨んでいきたいと思います。

応援して頂いた皆様、ありがとうございました。

 

 

0

新人戦 結果報告

熊谷市の荒川緑地ソフトボール場及び戸田市の道満ソフトボール場で新人戦の埼玉県大会が行われました。新チームにとっては初めての公式戦となります。本校は夏の地区予選では残念ながら棄権となったため、ノーシードでの参加となりました。

 

11月5日(土)@熊谷

1回戦

春日部東 9 対 0 西部合同(狭山経済・西武台・所沢商業)

    (5回コールド)

 

11月8日(火)@道満

2回戦

春日部東 13 対 6 熊谷女子

    (5回コールド)

 

3回戦

春日部東 0 対 7 埼玉栄

    (5回コールド)

 

初めての公式戦ということでなかなか思うように力を出せない中でも、要所要所で良いプレーも出て、3回戦まで駒を進めました。3回戦では強豪校相手に4回まで0対1というスコアでなんとか食らいつきましたが、5回にミスをきっかけに一気に攻め込まれ、結果的にはコールド負けとなってしまいました。

大会を終えて、技術面以外も含めて課題も多く見えてきました。来春以降に上位進出できるよう、トレーニングを積むと共に課題としっかり向き合っていきたいと思います。

 

今大会も多くの保護者の皆様に応援して頂きました。ありがとうございました。

0

令和4年度 春日部東高校ソフトボール部 部活動体験のお知らせ

今年度は、夏季休業中に中学3年生を対象にした部活動体験会を以下の日程で実施します。

第1回 7月31日(日)9時~11時

第2回 8月10日(火)9時~11時

第3回 8月14日(日)9時~11時

第4回 8月27日(日)9時~11時

(※この日以外でも、ご連絡をいただければ個別に対応させて頂きます。)

参加を希望される方やご質問は、

春日部東高校ソフトボール部顧問の戸井永(toinaga.ryou.f0@spec.ed.jp)までご連絡ください。

                          ↑「ゼロ」です。お気を付け下さい。

                                      

0

インターハイ予選 結果報告

戸田市の道満ソフトボール場でインターハイの埼玉県予選が行われました。3年生にとっては集大成の大会となります。

 

1回戦

春日部東 11 対 1 大宮開成

    (3回コールド)

2回戦

春日部東 1 対 7 本庄第一

 

 

1回戦を順調に勝ち上がり、2回戦でシード校の本庄第一高校と対戦しました。昨年のこの大会も同じ状況で対戦し、見事に本校が勝利してベスト4まで進出しています。一方、立場が逆になった昨秋の新人戦では、本校が敗れているという経緯があります。互いにこの大会の山場と位置付けた試合でしたが、軍配は相手に上がりました。選手たちは全力で戦い抜きましたが、相手の勝利への執念が上回り、最後まで主導権を握ることはできませんでした。

 

この大会をもって、3年生部員5名が引退となりました。約2か月の休校から始まり、活動が始まってからもコロナ禍での様々な制約や少ない人数での活動など、困難の多い2年間でした。望んでいた結果を得ることはできませんでしたが、最後まで戦い抜く姿勢は立派でした。その姿勢は必ず後輩たちに引き継がれていきます。3年生には、春日部東高校ソフトボール部で培った力で次の道を切り拓いてほしいと思います。

 

今大会も多くの保護者の皆様に応援して頂きました。ありがとうございました。

 

0

関東予選 結果報告

5月6日~8日に熊谷市の荒川緑地ソフトボール場で関東大会の埼玉県予選が行われました。

 

1回戦

春日部東 9 対 1 狭山経済

    (5回コールド)

2回戦

春日部東 0 対 3 埼玉栄

 

 

2回戦で敗れはしましたが、全国レベルの相手に対して善戦できたことで、6月のインターハイ予選に向けての課題も明確になりました。インターハイ予選は3年生にとって集大成の大会となります。あと1ヶ月間できる限りの努力をして、悔いのない戦いをしてほしいと思います。

また、今大会も多くの保護者の方に声援を送っていただきました。ありがとうございました。

 

0

ソフトボール部 東部地区予選会結果報告

4月23日(土)に東部地区の予選が行われました。

 

春日部東 10 対 0 草加南

    (3回コールド)

春日部東 17 対 0 合同(越谷南・越谷総合技術)

    (3回コールド)

 

以上の結果により、5月6日から行われる関東高等学校ソフトボール大会埼玉県予選会への出場が決まりました。応援して頂いた保護者の皆様、ありがとうございました。インターハイに向け、まずは関東予選で一つでも上に行けるように頑張ります。

 

 

0

熊谷カップ結果報告&令和4年度始動

久しぶりの更新になりますが、春日部東高校ソフトボール部はコロナ禍で様々な制約がある中、新人戦での敗戦の悔しさをバネに、日々練習に励んでいます。

本日、新入部員8名が正式に入部し、18名での活動がスタートしました。

 

報告が遅くなりましたが、4月2日、3日に荒川緑地ソフトボール場で行われた熊谷カップに出場してきました。

 

4月2日 予選トーナメント

1回戦 春日部東  7 対 5 上尾

2回戦 春日部東 12 対 4 黒磯南(栃木)

 

4月3日 決勝Ⅰ部トーナメント

1回戦 春日部東 7 対 0 秋草学園

準決勝 春日部東 1 対 4 木更津総合(千葉)

 

以上の結果で、Ⅰ部3位となりました。

 

4月23日には関東大会の東部地区予選が行われます。まずは県大会で勝負できるように全力で戦ってきます。

 

 

 

0

ソフトボール部 部活動見学会のお知らせ

今年も夏季休業中に、中学校3年生を対象にした部活動説明会と部活見学会を以下の日程で実施します。

8月 5日(木)9時~11時 *本校にて練習試合を予定しています。

8月 7日(土)9時~11時

8月14日(土)9時~11時

(※この日以外でも、ご連絡をいただければ個別に対応させていただきます。)

参加を希望される方やご質問は戸井永 (toinaga.ryou.f0@spec.ed.jp)

までご連絡ください。               

0

ソフトボール部 インターハイ予選

6月12日から22日にかけて、インターハイの埼玉県予選会が行われました。まずは結果を報告します。

 

1回戦  春日部東 9 対 1 浦和麗明

         (5回コールド)

2回戦  春日部東 3 対 2 越谷西

 

3回戦  春日部東 7 対 0 西武台

         (5回コールド)

4回戦  春日部東 4 対 1 本庄第一

 

準々決勝 春日部東 7 対 1 市立川越

 

準決勝  春日部東 0 対 8 星野

         (5回コールド)

 

以上の結果で、第3位となりました。

 

3年生部員9名は、この大会をもって引退となりました。指導者の交代、新型コロナウィルスによる活動停止や大会の中止、昨夏の学校総合体育大会では無念の途中棄権と、この3年間は3年生にとって様々な環境の変化に振り回される苦しい日々だったと思います。新チームになってからも、昨秋の新人戦、春の関東予選と自分たちの思い描く結果を得ることはできませんでした。それでもインターハイ出場という目標をぶらさず、ひたむきに努力を続けてきました。最後の大会では1試合戦うごとに成長し、何よりソフトボールを全員で楽しむことができました。インターハイ出場は叶いませんでしたが、この3年間の経験は今後に必ず活きると思います。

 

会場まで足を運んでくださった保護者の皆様、Zoomでの配信を通して応援して下さった皆様、ありがとうございました。

 

 

0

関東大会県予選 結果報告

5月7日に熊谷市の荒川緑地公園ソフトボール場で行われた、関東大会埼玉県予選会に出場しました。

本校は1回戦で、昨秋県ベスト4の市立川越高校と対戦しました。

 

春日部東 1対2 市立川越

 

挑戦者として挑んだ今大会でしたが、序盤からなかなか自分たちのプレーをすることができず、最終回に追い上げた

ものの、一歩届かず敗退となりました。

しかし、下を向いている時間はありません。来月のインターハイ予選が3年生にとって集大成の場となります。

これまでの悔しさをすべてこの大会にぶつけてもらいたいと思います。

 

0

令和3年度春季地区大会結果報告

本校ソフトボール部はこの4月に新入部員5名を加え、現在19名で活動しています。

 

4月24日(土)に行われた地区大会の結果をご報告します。

 

春日部東 11対0 合同①(春日部女子・八潮)

    (3回コールド)

春日部東  7対2 合同②(越谷総合技術・越谷北・松伏)

 

以上の結果で、5月7日~9日に熊谷で行われる関東高等学校ソフトボール大会埼玉県予選会への出場が決定しました。

この大会で昨秋の新人戦の悔しさを晴らし、6月のインターハイ予選に良い形でつながるよう精一杯頑張ります。

 

 

 

0

夏休み部活動見学会のお知らせ

中学校3年生を対象にした部活動説明会と部活見学会を以下の日程で実施します。

8月10日(月)9時~11時

8月14日(金)9時~11時

(※この日以外でも、ご連絡をいただければ個別に対応させていただきます。)

参加を希望される方やご質問は toinaga.ryou.f0@spec.ed.jp までご連絡ください。

0

活動再開

6月22日(月)から通常登校が始まり、部活動もようやく再始動しました。新型コロナウィルス感染防止対策のガイドラインに則り、また熱中症対策も行いながら練習を始めています。まだまだこれまで通りの活動にはなりませんが、8月に行われる学校総合体育大会に向けて少しずつ練習を積み重ねていきます。今後ともご支援の程宜しくお願いします。

 

0

新人戦結果報告

11月12日~14日に行われた新人戦県大会の結果を報告します。

 

1回戦  春日部東 10対0 川口市立

        (4回コールド)

2回戦  春日部東 10対0 狭山経済

        (5回コールド)

準々決勝 春日部東 10対0 松山女子

        (5回コールド)

準決勝  春日部東 0対1 埼玉栄

 

3位決定戦 春日部東 4対5 星野

        (7回サヨナラ)

 

以上の結果から、今大会は4位となりました。新チームになって5ヶ月、怪我人が出たり練習試合で負けが続くこともありましたが、何とか怪我人も復帰し、チームとしての戦術も試合で発揮できるようになってきました。優勝して全国選抜大会に出場することは叶いませんでしたが、3月に行われる東日本高等学校女子ソフトボール大会に6年連続で出場することになりました。6月のインターハイ予選を見据え、東日本大会でも力を発揮できるよう頑張ります。

 

保護者の方々をはじめ、応援に来て下さった皆様、ありがとうございました。

 

副顧問 山田

 

 

新人戦を終えての感想です。

今回のトーナメント表を見たとき「厳しい対戦相手が1回戦から続くなぁ」

と率直に思いました。

ただミーティングではいつも通り「良いくじかどうかは試合が終わってから分かること」と伝え、さらに今回の大会では「今年は強いとは言えないけど、春日部東には通用しないぞ」これを示し続けることができるか、これがポイントだよと言いました。

そして1回戦は市立川口でした。市立川口の仲西先生は、現在の日本代表の捕手を育てた指導力のある先生であり、県でもトップクラスの監督さんです。結果はコールドでしたが点差関係なく、ひたすらにトップを見据えた戦い方をしている市立川口に対し率直に「かっこいいな」と試合中に感じていました。

2回戦は狭山経済です。投手中心にまとまったチームでしたが序盤の流れを活かして勝つことができました。

次は準々決勝の松山女子でした。

松山女子の畝森先生とは心で話せる数少ない先生であり、大先輩の一人です。この夏新チームになってからの(6月~8月)練習試合ではほぼ全敗でした。そして極めつけに8月末に松山女子との練習試合で完敗をし、選手指導者ともに今置かれている厳しい現状を受け止めざるを得ない状況になりました。試合内容を見かねて、この日は畝森先生が春日部東の選手にミーティングをしてくれました。私も松山女子の生徒にミーティングをしたわけですが、「松山女子は今後もっともっと強くなる。今は松山女子のライバルなれるようにするね」としか私は言えませんでした。

 その後部員たちは、「ダメなものはダメ」という空気が生徒同士で作れるようになってきました。うまく言えませんが、解説者ではなく解決者になろうとしているようなそんな空気が漂っていました。また2年生が中心となって学校生活からソフトボール部としてどうあるべきかを自ら考え行動しようとする姿勢に、頼もしさみたいなものも出てきたように感じていました。

そして話は戻りますが、松山女子との試合の前日、バスの中で一言だけ「冷静に見て力は5分5分。ただ自分たちが勝っているものもあるからそれをかき集めていこう。1点差で勝った負けたは正直、後味悪いから個人的なこといって申し訳ないけどコールド勝ちにしてほしいなぁ」と伝えました。

 試合結果は100点満点のゲーム内容でした。いろんな意味で忘れられない試合です。

そして最終日。準決勝は埼玉栄との試合でした。埼玉栄は今年1番力があるチームです。結果は0-1ということでしたが、毎回この準決勝から感じる終盤の「覚悟の差」が出てしました。これは監督の差です。

この新人戦を終えて感じたことは「ホームベースを挟んで向かい合いって対戦することで、相手チームの努力や苦労がすごく伝わる」ということです。どのチームも選手と指導者が与えられた環境の中で可能性と解決策に集中されているんだと改めて感じました。   

また大会が近くなると、不安になったり、自分をコントロールできなくなる生徒もいます。この事象は相手チームにも見受けられましたし、当然自チームにも起こっていました。それはある意味仕方のないことです。理由としては、周囲がその生徒の能力(技術力や人間力)以上のものを求めてしまっているからです。(人数が少ない場合はなおさらです)だからこそ私は「大会っていうのは試合に出る時間の長い短いではなく一人ひとりが今の現状で活躍できる量・場面を把握し、そのできることをしっかりこだわってやっていく。そして少なくとも私たちはそのことを認め合う」このことを大会前にいつも確認してきました。

最後にチームは勿論のこと、一人ひとり生徒を取り巻く環境は違います。そして考え方や思いも違っていて当然です。現場では大会が近くづけば近づくほど、多くの情報や思いが交錯します。だからこそシンプルに「現場で生徒の頑張り近くで見てきたという思いを大切にし、解説者ではなく解決者にならなきゃならない」と改めて勉強させてもらった大会でした。

(文責 長野)

 

0

夏休み部活動見学について

中学校3年生を対象にした部活動説明会と部活体験会を実施しています。

日時は728日(日)83日(日)と817日(日)825日(日)9時から11時となっています。

(※この日以外でも、ご連絡をいただければ個別に対応させていただきます。)

参加を希望される方やご質問は nagano.youhei.c8@spec.ed.jp までご連絡ください。

0

インターハイ予選結果報告

6月12日、14日、17日に行われたインターハイ予選の結果を報告します。この大会は3年生にとって集大成となる最後の大会です。

 

3回戦  春日部東 12対2 秩父農工科学

        (4回コールド)

4回戦  春日部東 11対2 川口北

       (5回コールド)

準々決勝 春日部東 10対0 川越初雁

 

準決勝  春日部東 4対5 埼玉栄

 

大会序盤は普段通りのプレーができない場面もありましたが、準々決勝では中軸打者がそろって復調し、良い形で最終日の準決勝を迎えました。準決勝では2回表に下位打線からチャンスを作り1点を先制するも、2回、3回に2点ずつ失い、3点を追いかける苦しい展開に。その後、6回に1点ずつを取り合い、2対5で最終回を迎えました。2アウトランナーなしから3番打者が出塁し、続く4番打者のライトオーバーの当たりがランニングホームランになり、1点差まで追い上げましたが、あと1歩及びませんでした。

この大会をもって3年生は引退となります。目標としていたインターハイには届きませんでしたが、試合後には晴れやかな表情も見られました。次の進路に向けて頑張ってもらいたいと思います。

 

応援に来て下さった皆様、ありがとうございました。

 

副顧問 山田









0

関東大会結果報告


5月31日~6月2日に戸田市で行われた関東高等学校女子ソフトボール大会に埼玉県代表として出場してきました。

 

1回戦  春日部東 0対1 光明相模原(神奈川)

       (延長8回タイブレーク)

 

昨年の決勝戦と全く同じカードとなった1回戦でしたが、結果としても昨年と同様タイブレークの末に敗れてしまいました。

結果としては残念でしたが、強豪校を相手に最後まで粘り強く戦い、埼玉県代表に恥じない戦いはできたと思います。2週間後に同じグラウンドで行われるインターハイに向けてできる限りの準備をし、悔いのない戦いをしてもらいたいと思います。

応援に来ていただいた皆様、ありがとうございました。

 

副顧問 山田






0

関東大会組み合わせ決定!


6月1日から戸田市道満ソフトボール場で行われる、第69回関東高等学校女子ソフトボール大会の組み合わせが決定しました。本校の初戦の相手は、昨年度決勝戦で対戦し敗れた神奈川県の光明相模原高校です。試合は6月1日(土)9時開始予定です。厳しい戦いが予想されますが、一戦必勝で頑張ります。
関東大会女子組み合わせ

0

関東予選結果報告


5月8日~5月12日に熊谷市で行われた関東高等学校女子ソフトボール大会埼玉県予選会に出場してきました。

 

1回戦  春日部東 14対0 大宮南

       (4回コールド)

2回戦  春日部東 4対0 越谷北

準々決勝 春日部東 7対0 川越初雁

       (5回コールド)

準決勝  春日部東 0対4 星野

 

残念ながら準決勝で敗れてしまい、ベスト4という結果に終わりました。

例年この大会では決勝に残った2校に関東大会への出場資格が与えられますが、今年度は埼玉県が開催地ということで、準決勝に残った4校に出場資格が与えられます。本校ソフトボール部は2年連続3度目の関東大会出場となりました。

まだまだ課題の多いチームですが、6月のインターハイ予選も見据えた上で、関東大会でも精一杯頑張りたいと思います。今後とも応援よろしくお願いします。

 

副顧問 山田







0

東日本大会結果報告


3月26日~3月30日に神奈川県小田原市で行われた第49回東日本高等学校女子ソフトボール大会に出場してきました。この大会は東日本1道17県から、秋の新人戦で上位進出した32校が参加する大きな大会です。本校は5年連続5度目の出場で、一昨年から2連覇を果たしています。今回は3連覇をかけて大会に臨みました。

 

予選リーグ

春日部東 8対1 柏井(千葉)

   (5回コールド)

春日部東 6対1 横浜清風(神奈川)

春日部東 2対3 藤枝順心(静岡)

春日部東 5対2 厚木商業(神奈川)

 

以上の結果から、1部トーナメントに進出しました。

 

1部トーナメント1回戦

春日部東 0対1 習志野(千葉)

 (延長10回タイブレーク)

 

残念ながら3連覇を果たすことはできませんでした。今大会では技術面以上に精神面で課題が多く見つかりました。5月の関東予選、6月のインターハイ予選で良い結果が残せるよう、改めて精進していきたいと思います。

 

遠方まで足を運んで応援して下さった卒業生や保護者の皆様、ありがとうございました。

 

副顧問 山田






0

新人戦結果報告


11月8日、10日、12日にさいたま市の荒川総合運動公園ソフトボール場及び戸田市の道満ソフトボール場にて新人戦の県大会が行われました。

 

1回戦

春日部東 17対2 叡明

   (5回コールド)

2回戦

春日部東 14対0 西武台

   (5回コールド)

準々決勝

春日部東 6対0 大宮東

準決勝

春日部東 4対1 星野

決勝

春日部東 1対2 埼玉栄

 

準々決勝では6月のインターハイ予選で敗れた大宮東にリベンジを果たし、準決勝に進出。準決勝は初回から長打と小技を絡めて効果的に攻撃し3回までに4点をリード。守っては何度もピンチを凌ぎ、最終回に1点は失ったもののリードを守りきり、星野高校に勝利しました。

そして迎えた決勝戦。新人戦での決勝進出は初めてとなります。相手は過去3度進出した県大会の決勝戦でいずれも敗れている埼玉栄高校でした。初回から両投手の緊迫した投げ合いが続き、3回まで両チーム無得点。迎えた4回にワンチャンスを活かし、本校が1点を先制。しかし、5回に同点に追いつかれると、6回に守備のミスも絡んで勝ち越しを許し、またも決勝戦の壁を越えることはできませんでした。

 

この結果、全国選抜大会への出場は叶いませんでしたが、3月に行われる東日本高等学校女子ソフトボール大会に5年連続で出場することになりました。本校はこの大会で一昨年から2連覇しています。先輩達が積み重ねてきたものを引き継ぎ、3連覇を目指して頑張っていきたいと思います。

 

保護者を始め、大会会場まで足を運んで応援して下さった方々、ありがとうございました。

 

副顧問 山田








0

新人戦東部地区1次予選結果報告

8月19日、25日に行われた新人戦の東部地区1次予選の結果を報告します。

 

予選リーグ

春日部東 18対1 合同

   (3回コールド)

春日部東 10対3 越谷北

 

決勝トーナメント1回戦

春日部東 4対0 草加南

 

決勝

春日部東 5対4 鷲宮

 

以上の結果で11月に行われる新人戦の県大会への出場権とシード権を獲得しました。

県大会での上位進出を目指して頑張ります。


0

インターハイ予選結果報告

6月にインターハイ予選の県大会が行われました。遅くなりましたが結果をご報告します。

本校はシードのため3回戦からの登場でした。

 

3回戦

春日部東 9対0 坂戸西

   (5回コールド)

4回戦

春日部東 3対4 大宮東 

 

インターハイ出場を目指して臨みましたが、力及ばず敗れてしまいました。3年生はそれぞれの進路実現に向けて、1・2年生の新チームは秋に向けてそれぞれ歩み始めています。今後も応援よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

0

関東大会準優勝!


6月1日~3日、山梨県笛吹市にて、関東高等学校女子ソフトボール大会が行われました。

1回戦

春日部東 8対0 甲府城西(山梨3位)

   (5回コールド)

2回戦

春日部東 1対0 市立太田(群馬1位)

準々決勝

春日部東 6対5 千葉経済(千葉1位)

 (延長8回タイブレーク)

準決勝

春日部東 8対1 山梨学院(山梨1位)

   (5回コールド)

決勝

春日部東 1対2 光明相模原(神奈川1位)

 (延長8回タイブレーク)


惜しくも優勝には届きませんでしたが、各県の優勝チームとの接戦をものにして5試合を戦うことができたのは、来週から始まるインターハイ予選に向けて非常に大きな経験となったと思います。今大会の反省を活かして、インターハイ予選でこれまで培ってきたものをすべて出し切り、念願のインターハイに出場できるよう頑張っていきたいと思います。
遠方まで足を運んでいただき、声援を送って下さった皆様、ありがとうございました。

副顧問 山田









0

関東大会組み合わせ決定!

6月2日から山梨県で行われる、第68回関東高等学校女子ソフトボール大会の組み合わせが決定しました。本校は初戦で地元山梨県の甲府城西高校と対戦します。各都県の強豪校と1試合でも多く戦えるよう、一戦必勝で頑張ります。


0

関東大会出場決定!

5月11日~13日、熊谷の荒川緑地公園ソフトボール場にて、関東高等学校ソフトボール大会埼玉県予選会が行われました。

1回戦

春日部東 5対4 大宮東

    

2回戦

春日部東 10対0 秋草学園

準々決勝

春日部東 9対0 川越初雁

   (5回コールド)

準決勝

春日部東 2対0 星野

決勝

春日部東 1対4 埼玉栄

以上の結果で、2年ぶり2度目の関東大会出場を決めました。

関東大会からインターハイ予選にかけて厳しい試合が続いていきますが、インターハイ出場に向けて頑張っていきたいと思います。

応援に来ていただいた皆様、ありがとうございました。


副顧問 山田


0

東日本大会速報

本校ソフトボール部は3月24日から千葉市で開催されている
第48回東日本高等学校女子ソフトボール大会に出場しています。

 

予選リーグ

3/25

春日部東 4対2 我孫子 

春日部東 5対0 新潟商業

3/26

春日部東 11対2 高崎商業

春日部東 10対0 下妻二

 

決勝トーナメント(Ⅰ部)

3/27

1回戦

春日部東 3対2 淑徳

2回戦

春日部東 3対1 大田原女子

 

以上の結果で、準決勝に駒を進めることができました。

明日の準決勝では高崎商業と再び対戦します。

2連覇をかけて全力で戦ってきます。

0