日誌

女子バスケットボール部

《女子バスケットボール部》blog

5月になりました。

部活動停止期間も2ヶ月が経ちました。そして、さらにあと1ヶ月の休校。部活動停止。1年生は入部すら出来ません。

関東大会(支部予選も)、インターハイが中止(県予選までは未定)となりました。今の段階では開催できるかどうか分からないインターハイ支部予選も6月中は無しとなり、部員達にとって先の見えない毎日が続きます。

私達女子バスケットボール部は、各々の自主トレ報告を共有しながらここまで進んできています。家庭でもできる練習グッズを配布したり、練習再開となった時のための練習グッズを考案、購入したり、小磯さん(こいそ接骨院)にもトレーニング動画の制作にご協力いただいております。どんな状況であろうと「できることをやりきる」ことに変わりありません。(私自身も3年生の理系に向けての学習動画の制作に励んでいる毎日です。)先日、3年生全員と電話で面談を行いました。家族のこと、進路のこと、これからの部活のこと…色々と話すことができました。こんな状況でも時は刻一刻と進んでいきます。各々の複雑であり、真っ直ぐでもある考えを聞かせてもらえて(私の話も聞いてもらえて)コミュニケーションをとることの大切さに改めて気がつくことができました。

とにかく、「みんなに会いたい。みんなでバスケをしたい。」それがすべてのようです。私もです。

 

*うちの部員だけはなく、全国のバスケットボール選手達はそれを願って家の前で無いゴールにシュートを放ってます。全国の皆様、ドリブルで発生する多少大きめのダムダム音も、今だけは多めに見てあげてください。

 

0

《女子バスケットボール部》blog

本日、41期生の卒業式が行われました。

新型コロナウィルスの感染予防の為、卒業生と職員のみでの式となりました。

7名の卒業生たちは、公務員、大学、短大とそれぞれの道を歩むことになります。全員の進路が決定しました。(浪人していた昨年の卒業生も国立大学に合格しました!)この女子バスケットボール部でのそれぞれの経験を自分の形に変えて活かしてもらえたらと思います。

いつ練習が再開になるのか分かりませんが、また体育館に顔を見せに来てください。いつでもお待ちしております。

 

0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

 

 今日は小磯さん(こいそ接骨院)によるトレーニングでした。
 前回のトレーニングに続き、今回もボールや腕などの重さを使った体の使い方を指導して頂きました。例えば、普通に立っている状態の時、両腕をあげようとすると、私たちの体は自然に重心を変えて体のバランスを保とうとします。この時、前傾姿勢になっていたり左右に傾いていたりすると腕は上げにくくなります。そのため自分の癖を知り、ただ力任せにするのではなく、どのようにすればより楽に、強く、動けるのかを知ることが大切です。これから、自分の腕の重さやボールの重さを使って " 連れていかれる " という感覚をつかんで行けるようにします。
 また、" 取りが主体 " " 受けが主体 " といった2つの主体の考え方も指導して頂きました。ボールを持っている時、自分の力をどのようにボールに与えるかによってたとえ同じ力でもボールの飛距離が大きく変わります。ボールに対して、全ての力を与える、半分ずつ分かち合う、全て貰うという3つの動き方を覚えて感覚として、プレイ中に瞬時に使い分けることができるようにしたいです。
 私は今日のトレーニング中、感覚が分からなくなることが何度がありました。その時は1度1つ前のステップに戻ってやり直すことで再確認をすることが出来ます。これは普段の練習メニューでも同じことが言えます。今日教えていただいたことを意識して明日の練習に生かしていきます。

Reporter : Harune

 

0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

 

 今日は耐久レースがありました。折り返し付近のアップダウンはきつかったですが12人が40位以内に入ることが出来ました。(4位!今村桃果)普段の練習の賜物だと思いました。最後まで一生懸命にやりきる力がついたんだなと改めて感じることが出来ました。
 約10km走った後の練習はいつもよりも何倍も足が重く感じました。ただ試合ではどんなに疲れていても正しいシュートフォームで打つ必要があります。今日の練習はその点でとてもいい練習になりました。
 4人または3人でのシュート練習では、ミートすることが出来なければ綺麗なシュートフォームにならないし、パスがしっかりできなければシューターがうまく打てないし、リバウンダーが簡単にボールを落としてしまってはいけません。全員が責務を全うして質の高い練習ができるよう常に自ら出来るようにします。

Reporter : Kotomi

 

0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

 

 今日は越谷市立総合体育館にてB2[越谷アルファーズvs仙台76ers]のエキシビジョンマッチに1年生8人全員が参加させて頂きました。草加西高校と合同チームを組み、相手チームは久喜高校・栗橋北彩高校・久喜北陽高校の連合チームでした。周りの選抜メンバーとの技術の差をどうしても感じてしまう試合ではありましたが、草加西高校とのメンバーとコミュニケーションを取りながら最後まで全力で戦うことができました。いつもとは違うメンバーで試合に出たので、テンポがちがったり、動きがちがったりすることはありましたが、その中でも自分のプレーを見つけることができたプレーヤーが多かったとおもいます。
 このようなプロチームが試合をする会場、コートでプレイすることが出来たことに感謝し、ただの思い出にするのではなく今後の自分のプレーの為に役立たせたいと思います。このような貴重な体験する場を与えて頂きありがとうございました。アルファーズは惜しくも敗れてしまいましたが、試合も応援も大変な盛り上がりでした。私たち(マネージャー)は大声援にてユニーフォームをGETしました!


Reporter : Karen

人一倍の応援にてユニフォームをGETするマネージャー

0