日誌

女子バドミントン部

43期生卒業

3月14日、卒業式が挙行され43期生が東高から旅立ちました。2年生でコロナ禍に遭遇し、大会が次々に中止となり、大好きなバドができない日々が続きました。3年最後のインハイ予選には出場できましたが、辛い思いをたくさんした学年でした。でも引退後は辛い受験勉強と真摯に向き合い、このような笑顔で晴れの日を迎えました。43期生の皆さん!後輩たちは素敵な先輩の背中を追っていきます。ご卒業おめでとうございます。

 

0

新人大会中間報告

8月20日、23日、26日と3日間に渡って新人大会東部地区予選会個人戦が行われました。ダブルスではシングルス大会でも活躍した茂木美聖と小川なな実ペアがベスト16に入り県大会に出場を決めました。シングルスでは小川がベスト32に入りました。結果が残せなかった部員たちも自分の弱点を受け止め次のステップに進んで欲しいと思います。9月13日、14日は団体戦が行われます。チーム力が自慢の春東女バドの底力を見せて欲しいと思います。

団体メンバーは以下の通りです。

茂木美聖(越谷・大相模)小川なな実(越谷・平方)門英実花(越谷・東)齊藤莉海(春日部・葛飾)照井優月(越谷・富士)伊藤小春(越谷・大袋)橋本夢叶(春日部・春日部)マネージャー:田中啓予(加須・東)

写真は団体戦に向けての部内のゲームです。手前が茂木・小川ペアです。

0

会長杯、頑張りました!

梅雨明けの7月17日(土)と18日(日)会長杯争奪シングルス大会が行われました。1年生は春日部東の背面付きのユニフォームでのデビュー戦でした。結果は人それぞれでしたが、自分の課題を真摯に向き合って夏の練習に励んで欲しいと思います。そんな中で、新部長と副部長の茂木美聖と小川なな実がブロックベスト8という好成績を残しました。

2人のコメントです。「新体制になり初の公式戦でブロックベスト8という結果を残すことができてうれしく思います。夏、厳しい暑さの中での練習になりますが怠けることなく新人戦県大会出場を目指して頑張ります」(茂木)「新体制になって初の大会をベスト8という結果を残せて良かったです。今まで3年生が築いたような部を私たちも築けるように頑張ります」(小川)

0

43期生 引退式

6月16日(月)放課後に43期生の引退式が行われました。3年生からは「コロナで大変だったけど、仲間がいたから乗り越えられた」「(下級生の)皆さんも、一日一日を大切にして目標を高く頑張ってください」などの言葉があり、下級生からは「技術的にも人間的にも、三年生のような先輩になれるように頑張りたいです!(2年生)」「私は学校説明会で、先輩のバドをする姿を見て“絶対に春日部東に入る!”と決めました。(1年生)」などのメッセージを3年生に伝えました。2年生と3年生は、コロナ禍で苦労を共にした切っても切れない絆があります。しっかりバトンを引き継いで欲しいと思います。新部長:茂木美聖(越谷・大相模中出身)、副部長:小川なな実(越谷・平方出身)

0

初心者講習会実施

6月5日(土)初心者講習会が行われました。初心者だけでなく、経験者も含めた全員が指導を受けました。バドミントンの基本となる「回内・回外」の手首の動きを一から教えてもらいました。教えてもらった事をレシーブ練習で実践し、講習会の最後には“ハイバック”“ラウンド”のような高度なショットの練習につなげました。確実にレベルアップするための技術を部員全員で共有し、有意義な日となりました。

0