人文科ブログ

1月30日(火)人文科探究㉓ 1年生もくじ点検、2年生論文最最終稿完成と最後の面談へ

1月30日(火)人文科探究㉓ 

1年生もくじ点検(2回目)

 完全に、前回の続きです。やっていることの位置づけ等につきましては、前回のブログをご参照ください。40人近くいますので、時間がかかります。

 また、できれば、これまでなかなかやれなかった「アンケート作りと実施」まで手をつけられればいいのですが、それにつきましては様子をみて判断します。

 

2年生探究論文最最終稿完成と最後の面談へ

 今回が基準日、次回が予備日ということで、探究論文作成にかかわる授業は全て終わります。

「もうこれ以上直せるか所は無い」という状態の最最終稿を完成させ、プリントアウトします。そしてこの時間から、生徒各自間に合う最速のタイミングで、最最終稿と評価票、評価作業の参考資料プリントをもって、1年間お世話になった個別指導担当者のもとへ最後の面会にうかがいます。

 個別指導担当者は2月中旬までに、各自の指導してきた生徒が持参した原稿をあらためて点検して「人文科探究論文」に関する評価を、またそれ以外に「個別指導」「ポスター」についても、年間の評価を評価票に記入して、主任の私まで届けるしくみです。

 いよいよ実際に生徒が担当の元へうかがうにあたり、今回の授業では、プリントアウトから面会時に話す内容(お礼、報告、依頼)まで記したマニュアルを配布して、また評価票と資料の実物も併せて、しっかり確認しました。

説明が終わり、各自の作業に入るよう指示をすると、わさわさとプリンターに群がり、わさわさ出かけ始める・・・とはいきませんでした。前回では修正が終わっていない生徒が多く、7時間目内はほとんどが一所懸命PCに取り組んでいました。授業終わり前後からプリントアウトする者が出始め、延長した作業時間も過ぎて職員室に戻りますと、ちょうど面会している生徒がちらほら。

 ああ、こうしてまた年度の終わりが近づいているのだな・・・