日誌

R4 男子ソフトテニス部 新人戦県大会(個人)の報告

 11月12日(土)、熊谷さくら運動公園にて新人戦県大会個人戦が行われました。春日部東高校からは大淵・伊原、菅・山路、黒澤・森田ペアが出場しました。全員が敗者復活戦でギリギリ県大会出場を決めたので、初戦から他地区のかなり格上の選手と対戦することになっていましたが、向かっていけるように準備し臨みました。

 結果、大淵・伊原ペアが上尾高校の選手に2-4で、菅・山路ペアが埼玉平成高校の選手に1-4で、黒澤・森田ペアが松山高校の選手に1-4で敗退しました。サーブレシーブの基本的なミスや相手選手の攻撃をかわし切れずのミスがかさみ、敗退しました。3ペアの選手はほとんど中学校ではこのような現場に出たことがなく、経験不足による緊張も否めなかったと思います。

関東予選まであと半年、この経験を活かし地道に練習を重ねていきたいと思います。