日誌

剣道部ミーティング

 非常事態宣言が解除され、春日部東高校は6月1日、2日に分散登校が実施されました。剣道部ではこの分散登校にともない、剣道部としての今後の予定、4月より着任した栗田幸枝先生の紹介を目的に30分程度のミーティングを行いました。今後の予定については、分散登校が実施されている間は剣道部として稽古は実施しないこと、6月22日以降に全員が登校することになって部活動の練習は徐々にではあるが開始されることを伝えました。3年生については、大会など目標とするものがすべて中止となってしまいましたが、期末試験1週間前まで現役の剣道部員として、まだ入部すらしていない1年生とわずかな期間でも一緒に活動し、何かを2年生と1年生に残してもらたいと伝えました。栗田幸枝先生(教士七段)は、越谷西高校から本年度本校に着任しました。栗田先生は、高校生の時に全日本女子剣道選手権に入賞(三位)するなど多くの輝かしい実績を持ち、指導者としても三郷北、久喜北陽、越谷西高校で教鞭をとり剣道部の顧問としても活躍してきたことを伝えました。最後にまだ先が見えない中、剣道部として今できることを全力でやっていくことを部員に伝えてミーティングを終了しました。