日誌

【生物部】8月28日(月) 文化祭準備で採集活動

 予定通りですが、この時期の活動は新しい要素でなく文化祭に向けた物理的/視覚的進捗が見たいものです。

 

8月28日(月) 文化祭準備で採集活動

 

 「工作もの」か、「買い出し」か、「展示/販売対象の採集」か。

 今年の文化祭は、昨年度と大きくは同じ感じです。

  ❶学校と採集フィールドを示した地図と、該当フィールドで採集できた生物の展示

  ❷普段の飼育栽培生物の展示

  ❸金魚すくい(今年はフナ等の採集淡水魚でなく金魚で)

  ❹ふれあいコーナー

  ❺競虫

  ❻まぎらわしい生き物判別クイズ

  ❼四葉のクローバー探し

  ❽苗や生体の販売

 

 さて、今日は何をすべきか。

 新学期が始まると、まとまった時間が取りにくくなります。

 買い出しは、コマゴマしたものは中古でほとんど揃っています。また難しい「金魚」購入等は、顧問が引き受けました。本部活で「買い出し」はあまり負担をかけません。そんなような諸条件を伝えて話し合ってもらうと、「今日は採集に行きます」とのこと。

 それならばと、「エビをメインに捕ってくるのはどう?」ともちかけました。法律がかわり、ザリガニは売れません。またキャラ的にもエビはいい!ただ、現在ストックが少ないので。ついでに「カエルも」。生物室にカエリウムを作れたらなと。

 

 今回は、敢えて顧問が張り付かず、自分たちでどこまでやれるか見ました。彼らが出かけたあと、少し水槽等の模様替えを続けてから、あとから様子を見に行きました。

 

 ん?皆、網を下げて、じっとぼっと立っている。疲れたのか?と思いきや、彼らなりに考えた漁法の「合間」でした!

バケツを見ると、おお!これまでで最もたくさん捕れている!

これは、今日はまさしく成功体験でしょう!いい日です!

「水が澄んできた!」と部長。

水底を見ると、彼らの考えの「跡」が!流れに対して垂直方向に、さざ波のような跡が並んでいます。

あ、ナルホド!漁法が見えてきました。さあ、再開!

 やっぱり!そしてすばらしい!すり抜ける魚がなるべくでないように4人で網を横にぴったり並べて、小刻みに網を水底に向かってじゃぶじゃぶと動かして、生き物を奥の終点に向かって追い詰める作戦!

終点の1年生2名は何をしているのかな、と思いましたら彼らもなんと重要な役割を負っていました。

道路の下から反対側の田んぼまで続く水路に生き物が逃げ込まないように、網2本で穴を閉じているではありませんか!

だいぶ負い詰まってきました。

自分達で頃あいを見て、一気に上げます!

大漁、大漁!・・・?

彼らの想像と比べてどうか分かりませんが、ちゃんとそれなりの数、網に入っています。立派立派!

 

さてカエルですが、かなりの暑さですし、彼らも疲れてきましたでしょうか。

顧問の方で、無理ない範囲でと言いつつ、捕り方の見本を示して先に戻りました。

この時期、オタマからカエルになって上陸したちびガエルが、田や周辺の草の中にたくさんいます。

草むらをまず1歩踏んで、カエルたちを動かし、位置を補足します。そうしたら網等でわなの様に進路をたち、もう1歩踏んで追い込むと、簡単に網に入ります。

でももうこんな感じでした。

戻ってきた彼らの成果を見ると、カエルは私の捕ったものにプラス1でした。OKOK!

 

今回の成果です!エビたくさん!モツゴ、ドジョウ、メダカ、カダヤシ。そういえばフナは意識しませんでした。

なぜかドジョウ以外は時計と反対周りに回り出します。

気付いた部員が不思議がっていました。いい研究テーマでは?

ちなみに後日は逆方向でした。

 

地味ですが、本部活にて初!のヨシノボリが混ざっていました!

 

写真中央で2匹並んでいる魚ペアの、左上の個体です。

是非とも継続して飼育して大きくしたい(7cmくらい)ですね。

 

皆様、文化祭では楽しみにお待ちしております!是非お越しください!