日誌

【生物部】9月8日9日(金土)文化祭の様子②

9月8日9日(金土)文化祭の様子②

 

続きです!よろしければ「①」からご覧ください。

 

【金魚すくい】

 Mさんの作った見事なポップ!2年生はなぜかみんなやたらと絵も工作もうまいのです!

 まさかの無料!そして、やるけど金魚を持ち帰らない人も多数。部員たちで、昨年度の「捕獲してきた淡水魚をお客さんに網ですってもらう体験」ではなく、「金魚すくい」をやりたいとの希望にこたえ、Pポイの封印?を解きました。私が顧問に就任する前は金魚すくをやっていたようで、Pポイ(和紙がはってある丸いすくい具)約2箱はじめ、必要な道具は一式、戸棚に仕舞い込んでありました。

 夏休み中にとあるニュース番組で金魚すくいが得意な女子の特集をしていましたが、その時初めてPポイに裏表があり、裏ですくうとポイが長持ちしないことを知りました。もともと金魚すくいに個人的に興味がなく、考えない分野でしたので新鮮でした。部員たちと共有し、お客様にも教えてさしあげようか、と。

 これも私の予想外に、2日間常に最も集客したコーナーとなりました。初日出たポイゴミが「90」、2日目は「171」、合計で「261」本が使われました!持ち帰られた金魚たちが無事に飼育されていくことを願います…

 

 

【競虫】

 昨年度と同じ、餌用ゴキブリ「デュビア=アルゼンチンモリゴキブリ」を使用したレースです。今年はこのゴキブリを、その特徴が良く出るように浅いケースにて展示もしました。

 

 このゴキブリ、ゴキブリという先入観を捨てれば、私たちが普段目の敵にしている黒ゴキブリとは全くの別物です。ワラジムシが大きく更に平たくなったような…壁を登らない、飛ばない、走らない、匂わない、ペットに逆襲で嚙みつかない、ストック/飼育が簡単…と、いいことずくめの餌昆虫です。そもそも世界にはおよそゴキブリとは思えぬゴキブリが多数生息しています。小さく薄黄緑色のバナナローチから、前羽に金属光沢があるカラフルなものまで、色々です。このコーナーではそういった多様性にも目を向けていただきたいです。

 ゲーム自体は、デュビアたちの「暗いところが好き/明るいところは嫌」という性質を利用した簡単なレースです。コースやパドックは昨年度の作品をそのまま使用しました。Lさんは昨年度もここの主?!Lさんを中心に2年生が競虫~金魚すくい~全体マネをしっかりやってくれました。

 

【四葉さがし】

 これも顧問が三肌目を脱いで実現(ヒキガエルとヤモリより大きい)。いいんです、やらせてあげたいのです、ちょっと助ければやれるのですから。遊び方は、部員がタイマー等で制限時間を設ける中、チャレンジャーはそれぞれ2箱分の苗床から見つけられるだけの四葉と五つ葉を見つけ、それぞれ点数換算して自己申告する、というものです。しかし今年のピンチは、そもそも昨年来の四葉頻出株が衰退して無くなりかけている、ということです。

 昨年度の四葉等が多く出るクローバーマット4箱分は、複数の係で1年間世話をしてきましたが、不思議とランナーにカビが生えて大変衰退してしまいました。夏前に、またこのコーナーをやりたいなら新たな「四葉頻出株」を皆で見つけるようにと伝えました。本当はそれを目的にしたフィールドワークをやれればよかったのですが…結局良い株の情報は無いまま夏休み中盤を過ぎたので、顧問の出番。昨年度と同じポイントに出かけたものの、なぜか昨年度ほどは見つかりません。なんとか2株持ち帰って植え付け。

 

 古い苗箱のものも、非常に特徴的な四葉(プラス1枚が逆向きにつく)の株を始め、僅かながら生き延びていたので、これを機に全て植えなおしました。次の写真をご覧ください。四葉が向き合っていますが、どちらも4枚目が本来と逆についています。昨年度発見した2大珍しい形質株の片割れです。

↓3.5枚、です。実は「.5」ってけっこうあるのです。点数配分は何にしたんだろう、今頃疑問が…

↓5つ葉です。

四葉2枚です。あと、四葉と五つ葉です。

マメ科の仲間は植え替えを嫌いますが、掘ってきたままですと、芝を中心に雑多な雑草類を合計した方が体積は大きいくらいでしたので、クローバーだけを残すように…というよりクローバーのランナーを雑多な根の塊から掘り出したという方が正しいです。4箱中、3箱は古い株と新しい株をクローバーのみで植え付け、残り1箱は新しい株を掘ってきたまま植えて、上から関係ない植物をむしれるだけむしりました。

 本番はQさんRさんが結構みてくれました。Qさんはいる間はほぼ貼り付き、Rさんは金魚すくいと半々でしたでしょうか。

↓顧問の方で昨年同様、展示に付け加えたアカツメクサやクズの四葉五つ葉関連の資料を見ていただいているところです。

4箱を2箱ずつに分けて、2名が同時にプレイできるようにしてあるのですが、多くのお客様が2人組であることから、この配置も狙って設置したのかもしれません。よく考えてますね。

 

 

【特設展示】

 これも昨年度の印象が強かったのでしょうか、「やりたい」と。しかも、やはり地図上に生体を置きたい、とのこと。ただ、今年度は昨年度ほどフィールドワークにでかけた場所が多くなかったので、逆に地図を小さく簡略化して、同じ場所で捕れる生物の数を増やす方向でアドバイスしました。展示の際は、やはり地図の上に生体を並べるのは色々と都合が悪いので、ポイントから展示生体までひもを引っ張りました。

 

 

【常設展示+α】

 今年度は水槽等の場所を変えず、普段置いてある場所に置いたまま見ていただく形にしまして、その合間と空いた机上とに、ちょこっと増設しました。入口からぐるっとリストアップします。

 ・コダカラベンケイソウエリア…展示に耐える状態ではありませんが、そのまま。

 ・淡水貝類(ゲンゴロウがいた水槽)

 ・ニジイロクワガタ…部員の友人がブリードした個体群

 ・ヒョウタンゴミムシ…本校職員玄関にて捕獲

 ・アメリカザリガニ…幼体を捕獲して持ち帰ってしまった「条件付き特定外来生物」

 ・アカハライモリ…部内飼育生物中2番目の大御所

 ・スジエビ…学校周辺で捕獲した個体群の子孫たち

 ・ホンゲンゴロウ…過去ブログご参照のこと、顧問私物のメスを夏に加えて現在ペア

 ・カエリウム①アマガエル+ヒキガエル…アマ:数年飼育したものの生き残り+新顔、ヒキ:新規に若いカエルを2匹、顧問自宅から導入

 ・カエリウム②ヌマガエル…庄和公園~学校周辺にて捕獲

 ・カエリウム③トウキョウダルマガエル…学校周辺にて捕獲

 ・カエリウム④モリアオガエル+カジカガエル…購入品を顧問が寄贈

 ・ラムズホーン貝…売っている場合もありますが、勝手に増えすぎていく貝

 ・ミシシッピアカミミガメ…小さめの3匹がいる水槽(普段は前述のクサガメもここに)

 ・ヨスジオビトカゲ…詳細は過去ブログご参照のこと

 ・グリーンイグアナ…本部活やブログではいわずもがなキャラ

 ・雑多淡水魚…もと熱帯魚水槽、メダカ以外は売りに出し、文化祭中は見るモノのナイ状態でした…

 ・ニホンヤモリ…前述の大きい子2匹が手に入って「比較コーナー」で出番がなくなったおチビちゃん

 ・メキシコサンショウウオ…通称ウーパールーパー、過去ブログご参照のこと

 ・グッピー…子々孫々、繁殖を繰り返している世界

 ・ランチュウ等…現生物部管理動物中最大御所、ほかドジョウ等

 ・日本産雑多淡水魚…この5年間で部活で捕獲しては残して飼育してきた個体群

★プラスα

 ・ニジイロクワガタ死骸…腹側の色合いも見ていただけるよう

 ・亀の甲羅の脱皮殻…水替えの度に水道にたまったものを保管、公開

 ・クズの四葉、五つ葉の押し花…四葉のクローバーの参考資料として

 ・モノアラガイ?貝殻…エビ水槽に発生した、あまりよくは見ない淡水貝の貝殻

 ・コガネムシ死骸…珍しい、レッドタイプです。

 ・クビアカツヤカミキリ…死骸で保管してある特定外来生物

 ・ユズの枝とアゲハ幼虫…顧問宅でたまたま出た処分対象を学習ネタに持参、展示

 ・シダ植物と裸子植物…一昨年の大系統樹レイアウトの名残です。普段、部員が水やり等やっています。

 

【販売】

 〇動物

 ・スジエビ…主に学校脇用水で捕獲

 ・ドジョウ、フナ、モツゴ…学校周辺フィールドワークで捕獲

 ・コイ…元熱帯魚水槽に入れておいた「なんだかわからないミニミニ稚魚」が成長

 ・ノコギリクワガタメス…顧問が職員玄関階段で捕獲、部員が飼育してきたもの

 ・コクワガタ…顧問が捕獲、部員が飼育してきたもの

 ・カブトムシ…顧問が職員玄関階段で捕獲、部員が飼育してきたもの

 〇植物(全て部員が植え付けor植え付けポットに自然発生)

 ・コダカラベンケイソウ…本部活中、植物で最大御所

 ・メドーセージ…顧問宅から出た苗、強健種

  ・シマトネリコ…顧問宅から出た苗、近年の人気樹種

 ・ハナイカダ…顧問宅から出た苗、葉の中央にちょこんと花が咲き実がなる

 ・アカシソ…顧問宅から出た苗、梅干し等食材の染色

 ・コミカンソウ…顧問個人に長年ついてきたカワイイ雑草

 ・スズラン…顧問宅から出た苗、早く地植えして来年~再来年に開花?

 ・カンスゲ…リュウノヒゲに代わるガーデニングのナイスアイテム

 ・ホトトギス…顧問宅から出た苗、強健種

 ・オオハンゲ…顧問宅から出た苗、花の形が不思議!

 ・オロンティウム…激レア水草

 ・ケヤキ…顧問宅から出た苗、ミニ盆栽にどうそ

 ・クヌギ…顧問宅から出たドングリを卒業したAさんBさんCさんで植え付け

 ・ハナモモ…顧問宅から出た苗、今回はとりあえず数本用意、花が綺麗

 ・ナンテン…顧問宅から出た苗(まさかの大鉢お買い上げ!)

 ・トウカエデ…顧問宅から出た苗、街路樹に人気

 ・ツゲ…顧問宅から出た苗、こぎつねこんこん

 ・ネズミモチ…顧問宅から出た苗、丈夫な庭木

 ・アイタデ…顧問宅から出た苗、藍染の原料

 ・ジシバリ…ホトトギスの地下茎植え付けの際、間違えてできたポット

 ・ヘデラ…ヒキガエル水槽→ハシリグモ虫かご→苗

 ・オニヤブソテツ…顧問宅から出た苗、大株になるシダ

 

 さて、これだけの内容と、人出です。うっかりすれば企画段階から当日まで、いつとっちらかっても不思議ではなかったわけですが、実は新部長のJさんが、よ~くまとめてくれていたのです。全体マネジメントというやつです。そのためブログ中ではコードネームが登場しませんでしたが、文化祭直前には私の「よく頑張ったよ」というコメントから、皆が自然と彼に拍手を贈ったくらいでした。Jさん、そして部員の皆さん、いやー本当によく頑張ったー!お疲れ様ー!! 

 

  文化祭はなんと言っても生物部にとりまして最大の発信の場!ここまでは内容を整理分類して様子をお伝えしてきましたが、次回(文化祭最終回)は2日目一般公開日の賑わいを中心にお伝えしたいと思います。