日誌

2018年11月の記事一覧

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
3on2~3on3
MY POINT
・3対2の状態で攻めきる
・シンプルな形で攻める
Practice today

 明日からテスト1週間前になります。
 今日3対2をやっている中で、ゴール下のシュート、ミドルシュートなど、速攻の形から2対1の判断がだいぶできるようになったと感じます。(略)
 あとは、チームで徹底しているルーズボール、リバウンドをオフェンスもディフェンスも積極的に意識を高めて、お互いを高め合えるようにしていきます。

Reporter : Eari
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!


MENU
小磯さんクリニック
MY POINT
・膝の向きを変えるだけで柔らかくなる?下半身が強くなる?
・靴に頼らず自分の足の本来の力を体感しよう。
Practice today

 今日は2回目のこいそ接骨院トレーニングを行いました。このトレーニングは体を張って力強いプレーをするポジションの私にとって最も重要となります。緊張と弛緩の間の一番良い状態(中庸)でどれだけしなやかな体の使い方ができるかが大切であり、これからもこの意識を継続していこうと思ういます。
 「身体の構造に素直な使い方」を理解し、様々な動きを教わりました。下半身の強さは膝の向きや意識する場所を少し変えるだけで強くすることができるのはとても驚きでした。家族に実践しても効果はありました。小磯さんのトレーニングをいかに自分のものにしていけるかが大切なので、教わっていることを一つ一つ掴んでいけるようにします。

Reporter : Sakura
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
Meat shot (Top)
MY POINT
・ステップの踏み方とオープン・クロスを使い分ける。
・フリーフットの戻し方
・姿勢の低さ
Practice today

 縦のミートシュートだけでなくそれ以外のシュート練習でもシュートのループをもっと高くできるように県大会までの期間に修正・調整していきます。ミートの仕方、ボールの持ち方、移動の速さも改善して今よりも良いシュートフォームに持っていけるようにします。
 他の対人メニューでは自分で攻めてゴールに向かえるところをパスを返してしむ場面がチームとしても個人としてもまだまだあるのでみんなで声を掛け合ってまずゴールを見る習慣をつけられるようにすることと、ミートからポジションを強く取れるようにすることをこれからの練習でもっと意識しようと思います。その練習の質を高めるためにコート内外でしっかり声を出せるようにしていきます。

Reporter : Yui
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
2vs2
MY POINT
・次のOFにパスを出すときにはなるべくチェストパス
・DFでボールマンにつくか後ろからの声がけ
Practice today

 先生が不在の中での練習でしたが声を出して集中して練習を行うことができました。そのことが直結して表れたと思うのは3メンです。今日は2セット行いました。1回目は29/30で私が1回パスミスをしてしまい、そこで時間をロスしてしまい、30本インに後1歩でした。2回目は31/31で最高記録を達成することができました。これが出来たのは先輩方がよく言う「シュートの決め方」でタイムロスを少しでも減らすことは大事だなと思いました。また、イージーシュートを外さないことはもちろんの事パスミスをなくすこと、パスを前に出すこと、走るスピードを考えること。そして周りが声を出して盛り上げることなど、それらを意識し続け、取り組んでいきます。
 この2日間で自主練の時間が多く、そこで自分の課題に集中して取り組むことができました。この時間を無駄にしないために普段の練習や練習試合などで自分の課題を克服したいと思います。

Reporter : Hisako
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
3men
MY POINT
・前で受け取れるようにパスを出す。
・シュートする際にスピードを落とさない。
・広く走る。
Practice today

 3メンは技術習得に大切な要素がたくさん詰まっています。まずチームで課題としている遠くにパスを飛ばすことです。パスを強く飛ばすことは絶対に必要です。私のパスは方向が安定せず、取りにくくなってしまうことが多々あります。改善するために練習します。そして、シュートする際にスピードを落とさないことです。私はシュートでミスをすることを恐れてトップスピードでシュートを打てていません。

Reporter : Kotomi
0