日誌

2019年3月の記事一覧

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

Practice game
 1試合目は、いかに自分が成長出来ていないか実感したゲームでした。私は自分自身の最近の課題をドリブルストップとしていましたが、それ以前に全く周りを見ることができていなく、パスを出せるのに出さずにただただ狭いところに突っ込んでしまったり、制限区域内で相手にボールを取られてしまったりなど、基本的な事が何もできていませんでした。そしてチームのリズムを私が崩してしまっていました。2試合目は、カバーダウンがしっかり出来たと思います。ここでは練習でやってきたことを出すことが出来たので、良かったと思います。今日の試合では一つ一つの試合でプレーに大きな差が出てしまったので、どの試合でもプレーに差が出ないような練習をしていきます。春の大会が近づいてきている中、もっともっと成長していきます。

Reporter : Ayano
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

Practice game
 相手が前からあたってきた試合では、真ん中の中継の使い方、ガードが真ん中に入っていくことでボールを運べました。サイドに追いやられてディフェンスに捕まってしまうことがあったので、広いほうへボールを運ぶために視野を広げることが大切だと感じました。またチーム全体でのディフェンスでミドルサイドを抜かれたり、アウトをしっかりできてなくリバウンドを取られる場面が多かったと思います。スピードのあるチームに、パスミスや単発なシュートをミスしてしまい、得意とする速攻をやらせてしまいました。
 次の試合も含めて、タンオーバーの数が少し多かった気がします。もう一度、残りの時間を有効活用するためにも個々で、練習の中で意識することを設定して練習に取り組みたいです。

Reporter : Mia
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
3on3(on ball) & 2on2(off ball)
Practice today 
 新入生も来てくれての練習でした。
 私は試合中自分のサイドでプレーが行われていないと見ているだけになりがちなのでこの練習は試合に活かせると思います。
 ただ、自分の場合はその時のプレーに一杯一杯なので逆を見る余裕がありません。せっかくノーマークなどのチャンスが作られていてもボールが行かなければ得点には繋がらないので視野も広げることも意識していきたいです。ボールサイドと逆サイドを切り離して考えるのではなく、ウイングやコーナーにボールが落ちたタイミングでカッティングを入れたりと片方だけに集中せず、得点につながる動きを狙えるようにしておくことも大切だと思いました。
 一つの練習でもやれることは沢山あります。プレー一つ一つを大事にしていきたいと思います。


Reporter : Ikumi
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
Press down drill
Practice today 
私はチャレンジカップの1日目で相手のオールコートプレスの時にボールを受けることができませんでした。ちゃんと考えれば、ディフェンスをしっかり押さえていなかったし、ミートも弱かったのでもらえるはずがないのに、やっている間は冷静な判断をすることができませんでした。普段からやるべきことが身についていないととても実感しました。また、私は1対1も狙わずに大きいモーションでパスを出してカットされることが多いので、普段から積極的に1対1を狙うのと、パスのモーションや強さを意識して練習し、早く改善しなくてはいけないと感じました。
 今日は新一年生の子が体験に来てくれて、自分が上級生としてもっとしっかりしなくてはあけないと感じたし、残りの時間の少なさにとても焦りを感じました。毎日の練習で1つ1つ意識することや狙いをもってやり、自分の課題を改善できるよう練習していきます。


Reporter : Akari
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

Practice game
 熊谷市民体育館で1日練習試合を行いました。今日の試合は、リバウンド数で負けてしまった試合がありました。シュートが入らない時ほど、ルーズボール・リバウンドをもっと必死に絡みに行かないといけないと感じました。
 ディフェンスでは、カバーダウンが遅れてゴール下のノーマークシュートを打たせてしまう場面が多くありました。いつも練習していることが出来ていなかったのは、私たちの練習が試合を想定しての練習に出来ていなかったからだと実感しました。練習で意識的に取り組もうと思います。
 オフェンスはカッティングのタイミングは分かってきたのですが、1対1になると攻めきれずに逃げ腰になってしまってターンオーバーになってしまいました。一人一人がもっとゴールに向かって攻める姿勢をもって1対1を強く攻められるように練習します。

Reporter : Eari
0