日誌

2019年6月の記事一覧

《女子バスケットボール部》ウインターカップ東部支部予選抽選

6/29(土)春日部高校にて、ウインターカップ東部支部予選と夏季東部支部選手権の抽選会が行われました。組み合わせ・日程が決定いたしましたのでお知らせします。同時にT.O.講習会も行われました。関係の先生方、大変お世話になりました。

全国高等学校バスケットボール選手権(ウインターカップ)東部支部予選

1回戦 シードの為なし
2回戦 7/14(日) vs (不動岡・獨協埼玉)の勝者  
@本校 9:00~

勝利すると3回戦が7/20(土), 
県大会代表決定戦が21(日)に行われます。
東部支部から3チームのみが県大会に進める狭き門ですが、今年は3年生が残っていることをフルに生かして突き進みます。

全体の組合せは下記のサイトをご覧下さい

http://saitama102basket.web.fc2.com/


*役員以外の学校駐車場の利用はできません。

夏季東部支部選手権

1回戦 シードの為なし
2回戦 8/17(土) vs 蓮田松韻  
@本校 9:00~

これ以降の組合せも上記のサイトをご覧下さい


*役員以外の学校駐車場の利用はできません。

0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
KOISO TRAINING
Practice today
 普段の練習でやっているメニューですが、目的やポイントを忘れかけているものが多数あることを実感しました。何も意識せずにただやるだけでは何の意味もない無駄な時間となってしまいます。こういうシチュエーションの時にこういう行動が取れるようにするための練習である、という明確な目的を常に意識しながら取り組みます。また、私達は2年生になって1年生に教える立場となりました。私達が先輩方に教えて頂いて1年間で習得したことを、目的やポイントを明確にして1年生に伝えられるようにします。今後もこのメニューは続いていくと思うので個人でもチームでも今までよりも高い意識で取り組めるようにします。

Reporter : Yuuki


0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
4vs4
Practice today
 カバーについては、1年生も2年生もだいぶ出来るようになっていると感じますが、カバーダウンについては少し心配な面もありました。実際、練習の中でも最初の方はカバーダウンをダッシュ出来なかったり、ボールを目で追ってしまってダウンを忘れたり等ありましたが、回数を重ねる毎に動きの変化を感じました。しかし、2年生でもまだ完全にカバーダウンの仕組みを理解していない人もいて、これでは自信を持って1年生に教えることが出来ません。教えることによって更に理解を深めることが出来るとも思いますが、まずは先輩である2年生がきちんと理解することが大切です。全員で協力し、分からない人が居れば分かる人が教え、全員が理解した状態で練習に臨めるようにしていきます。

Reporter : Ayano O


0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
Trap defense
Practice today
 今日は新チーム(3年2人含める)になって初めての休日練習でした。新たなスタートということもあり、練習序盤のアップから、細かな部分の指摘がありました。この代では、これまで以上にアップひとつひとつを大切に考えて、最後までやり切って欲しいです。

 ディフェンストラップを重点に置いた練習を行いました。「わかる」と「できる」は違うということは、まさにこの事だと思います。どのタイミングでどの様にトラップに行くのか、また、行かなかった残りのディフェンスはどう動き、どこを狙い、どこを守る(攻める)のか。理解してるのにプレーでは上手くいかないという頭と体のズレを、これからの練習でなくしていきます。それが成長への近道だと思います。

 また、このメンバーになってからの練習で一番感じたことは、「練習メニューや練習メニューで気をつけるべき箇所は理解してるのに、メニューの意図やなぜその箇所を気をつけるべきなのかを理解していない」ということです。三者面談期間、2年生が率先して1年生を中心とした理解していない人に対して教えていましたが、その説明には「なぜそうするのか」という肝心な部分が抜けていることが多々ありました。この部分と「なぜ」を理解する大切さを伝えていくのが自分の仕事だと感じました。

 草加南がIH予選ベスト4決めの試合に負けてしまったので、支部予選に出場します。ウインターの県大会に出ることのハードルが高くなりました。ですが、引退した5人の思いと残った3年としての意地を、この大会にぶつけます。時間は無いようで有ると考えているので、上手くなることを諦めずに最後まで成長していきます。今の自分の立場でチームに貢献できることと個人の技術向上の為にできることを、精一杯こなしていきます。

Reporter : Sakura


0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
Defense (2vs2 basic)
Practice today
 今週はディフェンスの練習を中心に行っていて、私は1年生にしっかり教えるという意図でやっています。まだまだ練習が止まってしまうことが多くあります。最初の説明をしっかり聞いて前の人が何をやっているのか次自分がどう動くのかの確認をしっかりして、練習に挑むという意識を全体がもっと持てるように自分たちも声を出してサポートしていこうと思います。
 プレイしている人たち同士で声を出してコミュニケーションを取ることはどの場面でも必要になってくる大切なことなので、最初のアップからもっと声を出せるようにしていきます。

Reporter : Yui


0

《女子バスケットボール部》高校総体(IH)県大会

高校総体(IH)埼玉県予選

1回戦 6/15 (土)@越谷総合体育館

春日部東 64(8-22,12-22,14-21,30-16)81 川口市立




 7名の3年生全員で迎える最後の試合となりました。


 第1クォーターは思うようなプレイがさせてもらえず、ペースをつかむことができませんでした。第2クォーターでオフェンスの修正ができてきたものの、ディフェンスでやはり後手に回ってしまうことから脱却できず。

 後半は完全にオールコートのディフェンスに切り替えました。前半の得点差を追いつくことは出来ませんでしたが、最後の最後まで足、声、接触を止めることなく、これまでやってきたことを発揮できたと思います。前半にこの流れを持ってこさせられなかったことが悔しいです。第4クォーターでは3年生全員が出場し、より追い上げムードに。まるで、体力の限界などないかのような動きを見せてくれた最終ピリオドでした。顧問としてコーチとしてこの試合が終わって欲しくないという思いにかられると同時に、この試合に勝てない悔しさを大きく感じました。
試合終了1分前にタイムアウト。最後の指示はこの気持ちを忘れるな。この時、この場所で、このメンバーでしか味わうことのできないこの感情、この空気。ここまでの鍛錬なしには手に入れられないものです。

沢山の保護者の皆様に会場まで足を運んでいただきました。ご声援ありがとうございました。

男子バスケットボール部の応援に1試合を通じて背中を押してもらいました。↓



0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
Passing down (Flash)
Practice today
 今日は先日の試合のビデオを見て出た反省をもとに、パスのもらい方の練習をしました。私はミートをすることやパスをもらう時の声を出すことなどを無意識にやることができません。だから、このような基礎練習をしっかり意識的に行いいつやっても無意識にミートや声が出るようにしたいです。
 次にポストプレーの練習では、ディフェンスを想定した動きをしてシュートまで行かなければなりません。私は特にセンターというポディションを多くやらせてもらっているので、わからないところは先輩に聞いたり自分で盗んだりして先輩がいるうちにしっかりと覚えていきたいです。
 私を含め1年生は入ってから色々と先輩方に教えてもらっているので、それを一つ一つしっかりとこなして練習をスムーズに進められるようにしていきたいです。

Reporter : Nagisa


0

《女子バスケットボール部》高校総体(IH)埼玉県予選抽選

6/10(月)スポーツ総合センターにて、高校総体(IH)埼玉県予選の抽選会が行われました。組み合わせ・日程が決定いたしましたのでお知らせします。

高校総体(IH)埼玉県予選

1回戦 6/15(土) vs 川口市立  
@越谷総合体育館 14:00~

勝利すると
2回戦 6/16(日) vs (正智深谷・松山女子)の勝者 
越谷総合体育館 11:30~

それ以降は下記のサイトをご覧下さい

http://hs.saitamabasketball.com/2019/ih_card.pdf

 



0

《女子バスケットボール部》IH東部支部予選②

高校総体(IH)東部支部予選

県大会代表決定戦 6/9 (日)@白岡高校

春日部東 66(9-23,13-11,24-8,20-15)57 栗橋北彩

第1クォーターから栗橋北彩高校に主導権を握られる苦しい展開となりました。ハーフタイムでチームでやるべきことを確認して、焦らず我慢することができました。逆境にめげず、逆転につなげることができた選手たちを誇らしく思います。
男子バスケットボール部の大声援にも助けられました。保護者・OGの皆様をはじめ、多くの方にご声援頂きありがとうございました。


関東大会予選に続き、インターハイ予選でも県大会出場を決めることができました。今度こそ、チーム目標の県大会ベスト8に向けて、調整していきたいと思います。
東部支部の代表として、6/15から始まる県大会でこのチームの集大成をお見せします。


本日の試合について部員がコメントします!
Game today
 今日は、県大会出場のための通過点となるべき試合であり、また昨年果たすことが出来なかったこの大会での県大会出場というリベンジ戦でもありました。
 前半は、自分達のプレーが出来ず相手に流れがいってしまっていたと思います。速攻で点を決められてる場面が多くあったり、リバウンドがなかなかとれず、相手に多くオフェンスの時間を取られてしまい、ディフェンスの時間が多くなってしまいました。ですが、ハーフタイムで上手く気持ちを切り替える事が出来て3ピリでは自分達のプレーが出来ていたと思います。ディフェンスの連携がとれていて相手に簡単にシュートを打たせなかったと思います。それが出来たのはコミュニケーションがとることができたからこそです。いつも、コミュニケーションは常にとろう、声を出そうと練習で行ってきました。その結果が今回の試合で出せたと思います。
 また、前日に練習したダブルチームを想定したオフェンスも成功していて、ダブルチームにこられる前にパスを出し攻めれていました。プレーでお互いを支え合って連携できていたと思います。
 個人で得意なプレーは様々で、不得意なプレーもあります。苦手なことは他の選手で得意な人が補ったり、得意なことはその選手が自信をもってプレーする、そんなバランスがとれていたと思います。
 24人の部員と2人の先生、応援に来ていただいた先輩、保護者の方々、男バスのみなさん、などみんなが一体となって勝つことができました。少しでも先輩と長くプレーをするという全員の思いを叶うべく、来週を全力で頑張ります。

Reporter : Hisako
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
3vs3 (post difence)
Practice today
 今日はポストのDFを練習するため、ポスト、ウイング、逆サイウイングからの3対3をやりました。このメニューはポストDFが未熟な私にとってとても大事だと感じました。私はいつもマッチアップする相手のことを考えたり、カバーの状況を見ていないのに前に出てしまい裏をやられてしまうことがあります。攻めるDFをすることも大切ですが、相手の横について状況を見ることも大切だと再確認しました。また自分が相手の前に出て、相手にターンされた後を守るということは大変ですが、実際に私がそのDFをやられるととても嫌だったので自分もできるようにしたいです。
 次の試合まで残り少ない中、木曜日には体育祭があります。時間は限られていて少なくなってきているけどまだまだ成長できると思います。1度注意されたことを自分のものにできるように、時間を有効に活用して残りの練習に取り組んでいきます。

Reporter : Yuki


0