日誌

2021年2月の記事一覧

《女子バスケットボール部》blog

日々の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!が、

  本日は、部員に代わって私顧問西村がブログを更新します。

 現在、3年生8名のうち、5名の進路が内定し、3名が大学入試に挑んでいる真っ最中です。幸い3名とも1校は合格をいただいていますのであとは第1志望の大学の結果がどうなるか?という所です。

 続いて話は大きく変わりますが、私達女子バスケットボール部は小磯直樹氏(*こいそ接骨院)に武術的身体操法による、理にかなった身体の動かし方から考え方までを定期的に教わっております。筋力、走力だけの世界ではなく、その先に気付くべき感覚や思考を小磯さんはバスケットボールの世界に落とし込んでくれています。前回の緊急事態宣言中もトレーニング動画の作成にご協力いただき、私自身にとっても大変深い学びとなりました。お蔭でようやく自力で足の小指を微かに動かせるようになったのですが...そこから夏が去り、10月の講習会にて小磯さんが「魔女に会ってきた。」と部員に話始めました。小磯さんの言葉に「?」となることはよくあることなのですが、「魔女?...」その後にその「魔女」から教わってきたという手法を行っていただき、自分の足がリニューアルされる感じに顧問も部員も感動しました。でも、その痛いこと。痛いこと。これまで、私も妹がピラティスのインストラクターであることからその類のトレーニングは多少経験済みでしたし深層筋肉の知識も少しだけありましたが、小磯さんの身体操法と同様、この手法もとんでもないものでした。

 そして、先日その「魔女」こと西園 美彌さんに会わせて頂けるご縁をいただきました。こいそ接骨院内にて、西園さんに「魔女トレ」をご指導いただきました。「痛い」と、「『出来ない、理解できない。』のもどかしさ」と、「『出来た。分かった。』の感動」の三角形をぐるぐる回るうちに時間はあっという間に過ぎ去りました。随時、西園さんはこちらの身体のくせを全て把握し、より正しい身体の動かし方まで導いてくれました。YouTube等にも西園さんの動画は多数アップされていますが、これは直接ご指導してもらうのとそうでないのとでは天と地の差だと思います。そして、最後には「子どもの教育論」にまで発展し、大変有意義な時間を過ごさせていただきました。職場、そして、家庭でトライさせていただきます。今度は私が伝える番です。このような機会を与えて頂き、ありがとうございました。

 

 「痛気持ちいい」では駄目です。

 「痛い」までやって下さい。 

西園 美彌

 

Reported by Nishimura

 

0