校長だより

2020年3月の記事一覧

第四十一回卒業証書授与式式辞

 卒業生の皆さん、ご卒業、おめでとうございます。第四十一回卒業証書授与式は、新型コロナウイルス蔓延防止のため、従来と大きな変更を余儀なくされたことはとても残念に思います。しかし、私をはじめ、教職員一同、皆さんの卒業を祝福する気持ちはまったく変わりません。改めて心から皆さんにお伝えします。ご卒業、おめでとうございます。

 皆さんはこの三年間を振り返ってみて、今、どんな思いを胸に抱いているでしょうか。行事や部活動、普段の教室でのなにげないやりとりなどが、懐かしさとともに蘇ってきているでしょうか。

 皆さんが日々、誠実に努力し、振る舞ってきた姿を思い返し、私も深い感慨を覚えます。皆さんの真剣に学ぶ姿、部活動に情熱を注ぐ姿、そしてまっすぐに人と向き合う姿が、今もありありと目に浮かびます。三年間、皆さんはとてもよく頑張りました。そして見違えるほど大きく成長しました。今日、皆さんは春日部東高校からそれぞれの道に旅立って行きますが、自信を持って、一歩一歩進んでいってください。

 さて、これから新たな道を歩まれる皆さんに、アップル社の創業者であるスティーブ・ジョブズが、スタンフォード大学の卒業式で語った次の言葉を贈りたいと思います。

「わたしは毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしています。『もし、今日が自分の人生最後の日だとしても、今日やろうとしていることをやるだろうか?』と。『違う』という答えが何日も続くようなら、何かを変える必要があると言うことです」

 人は、ともすると日常に埋没してしまう、そして時には目標を見失ってしまう。しかし人生は一度しかないのです。その人生を惰性でむなしく過ごすのではなく、自分らしく生き抜くためには、今日という日に本気で向き合わなければならない、そうジョブズは言っているのでしょう。皆さんも人生の新しいステージで、何かに迷うことがあったなら、ジョブズのことばを思い出してみてください。きっと大きな勇気をもらうことができると思います。

 さぁ、旅立ちの時です。臆することはありません。一日一日を、思う存分生き抜けばいいのです。そのことが皆さんに本当の幸せとは何かを教えてくれるはずです。ここに集う三六一名の卒業生の皆さんの前途が光り輝くことを祈念し、式辞といたします。

 

0