日誌

2020年7月の記事一覧

《女子バドミントン部》新体制スタート!

 

期末考査も終了し、部活動が再開されました。

 

そして春日部東高校女子バドミントン部、新体制スタートです!

新しい部長、副部長も決まり、これから43期生(2年生)7人、44期生(1年生)5人の12人で活動をしていきます。

 

今日は新体制のスタートにともない、部内ミーティングをひらきました。

12人全員で、1年間の目標と新人戦に向けての取り組みを確認します。

 

 

「メリハリをつけてみんなで勝利を目指す!」

部員全員で確認した目標を、今後いつも頭に入れて活動していきましょう。

 

そして練習メニューの案もみんなで出し合いました。

顧問の指示にすべてしたがうのではなく、自分たちに必要な練習をみずから考え、計画・実行していきます。

自分たちに足りない部分を客観的に分析しつつ、それを補うためには何が必要なのかたくさんの意見が出されました。

また「挨拶や声は大きい声で」、「休憩時間と練習のメリハリをつける」といった部内ルールも自分たちで設定します。

 

目的意識を持った行動は必ず勝利へとつながるはずです。一つひとつ確実に実行してきましょう。

 

県大会出場を目標に、12人一人ひとりが自分の役目・役割を果たすこと。

これから、いい夏を迎えましょう。

 

0

《女子バドミントン部》3年生引退

 

これまで春日部東高校女子バドミントン部を引っ張ってきてくれた3年生(普通科42期生、人文科25期生)が引退を迎えました。

 

新型コロナウイルス感染症の拡大に伴い、令和2年度は関東大会予選及び全国高校総体予選が中止となってしまいました。

公式戦に出場できないまま引退を迎えることとなり、女子バドミントン部では急遽3年生の校内引退試合を開催しました。

 

1年生、2年生、3年生、全員が集まりこれまでの練習の成果を発揮するべく試合に臨みます。

 

3年間ともに練習してきた仲間だからこそ、プレースタイルやショットの癖はお互い熟知しています。

手の内を知った仲ゆえのレベルの高い試合がたくさん見られました。

 

試合を終えたあとは3年生から一人ずつ挨拶をもらいました。

「3年間やりきれました」

「みんながいたからこそ今日までやってこれました」

「バドミントンが好きで、楽しかったです」

3年生の素直な言葉が身に沁みます。

 

12人中、9人が高校からバドミントンを始めた代でした。

技術面でみんなを引っ張り、県大会出場を果たした部長。

さまざまな面でみんなをサポートし、部活を運営してくれた副部長。

そして楽しく、一生懸命練習についていった部員たち。

みなさんが女子バドミントン部で過ごした時間が、かけがえのないものとして今後に生かされることを楽しみに、そして期待しています。

 

最後は後輩たちから寄せ書きの色紙とお菓子のプレゼント。先輩への感謝の気持ちを伝えました。

3年生がのこしてくれたものを、しっかり引き継いでいきましょうね。

 

3年生のみなさん、3年間本当に頑張りました!

これから受験勉強、そして将来に向けて頑張っていきましょう!

 

0