日誌

2018年10月の記事一覧

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
Deny defense fundamentals
MY POINT
・ボールを視野に入れる
・指先をパッサーとレシーバーのラインに入れる
Practice today
 1年生のみの最後の練習でした。この期間で2年生の「偉大さ」を感じました。1年生だけの練習の間に私たち自身、練習の取り組み方、自主性のにおいて成長できたと思います。明日は2年生が練習に戻ってきますので、私達がどれだけ成長できたか見てもらいたいです。新人戦はもうすぐです。1つ1つの練習を大切にします。

Reporter : Ayano
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
Vaulting lay up shoot 
MY POINT
・シュートにいくまでのボールの移動
・指先までボールをコントロールする
Practice today
 先輩達が修学旅行のため1年生のみの練習となりました。練習をしている中で次のメニューへの速さ、一つ一つの正確さ、声がけなどなど色々な場面で、改めて先輩方の存在の大きさに気付くことができました。私達も後半年も経てば後輩ができ先輩という立場になります。その時、後輩にとって頼られる存在、先輩にとって任せられる存在となるべく、これからさらに練習を意識して取り組みます。
 また今日もシュート練習を中心に「基礎」練習をしました。8人の練習で先生にも一人一人丁寧に教えていただきたくさんのことを得ることができました。私達はまだまだ練習が必要でもっともっと技術も知識も経験も積んでいかなければなりません。だからこそ、1回教わったこと、他の人が教わっていることも自分に吸収できるようにし、より時間を有効に使っていきたいです。漠然と練習に取り組んむのではなく、狙いを持って取り組みます。

Reporter : Hisako
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
Lay up shoot drill 0
MY POINT
・ボールを指先でコントロールする
Practice today
 今日は中学校の男子バスケットボール部2チームと合同練習を行いました。私達1年生は声を出したり、率先して素早く動くことを心掛けました。初めにレイアップシュートの練習を行いました。0度からのレイアップシュートではリングに触れずに決めることが難しかったので、これからもっと練習を積みます。次のストップターンでは1歩目と2歩目の歩幅の工夫でスムーズなターンが出来るようになりました。
 ハンドオフパスを使うクリスクロスドリルでは3人または5人の息を合わせることが最初うまくいきませんでした。その理由はコミュニケーションミスにおける準備不足がほとんどです。練習が進むにつれて、息ぴったりのプレイが沢山見られました。
 最後は練習試合を行いました。私達にとって練習から試合まで貴重な経験となりました。中学生の皆さん、ありがとうございました。

Reporter : Kotomi
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
drive drill (back step)
MY POINT
・ふみこみ始める位置に気をつける。
・ボールを頭の横で移動する。
Practice today
 今日の練習では特別コーチとして星さんが来てくれました。
 ドリブルやレイアップなどの練習を中心に教えてもらいました。星さん曰く「基礎」の練習でしたが、やってみて難しく感じまだまだ基礎力が足りていないのだと痛感しました。特に、ドリブルでのジャブステップを入れるところが足の動きや身体の使い方がまだ上手く出来ませんでした。私はドリブルが苦手ですが、このステップが使えるようになれば今以上にプレイの幅が広がると思いました。私は「苦手」と感じてしまうと避けてしまうので、逆に「得意」に変えられるように練習したいです。本日は星さんには貴重な時間を割いて教えて頂けて、とても勉強になりました。上達するにはやっぱり練習を重ねることが大切だと分かりました。
 明日から先輩方が修学旅行のため、1年生8人での練習になります。練習の質を落とすことなく練習頑張ります。

Reporter : Asuka
0

《女子バスケットボール部》blog

毎日の練習の1コマを部員が日替わりで紹介します!

MENU
run training
Practice today
 今日は中間考査終了後、外周走とビデオ視聴、その後ウエイトトレイニングを行った。

(中略)

ビデオを見てリバウンド、ディフェンスの大切さを実感すると共に練習で身につけるべきことの再確認をすることができた。

Reporter : Nana
0